FC2ブログ

川崎平右衛門

          7R30486620190203.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Tri-Elmar-M 16-18-21mm f/4 ASPH.
16mm f/4 1/800sec. ISO100 東京都府中市 府中市郷土の森 川崎平右衛門の像



















江戸時代の中期、現在の府中市の農家に生まれた川崎平右衛門は、多摩川の治水事業や、各地の水田開発で功績のある方だそうです。後ろには梅園が広がっていますが、この時(撮影は2月3日)は、まだ全然咲いていませんでした。今週末頃はもっと咲いていると思います。
おつかれちゃんです。































.

春はもう少し

7R30467320190120.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/60sec. ISO125 東京都台東区の似顔絵屋さんにて




















昨日は本当に暖かで春の陽気でしたね。ただ、週末はこの陽気が一変。またまた寒くなる様です。
おつかれちゃんです。



























.

ライカM3をばらす

        7R30465520190120-2.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/8000sec. ISO100 東京都台東区 早田カメラ店前




















浅草のカメラ屋さんと言えば、早田カメラ店さんが一番に思い浮かびます。テレビ東京で放送されていた「名機の肖像」や、フジテレビの「ばら・す(ライカM3)」に出演されていた早田さんが経営されておられるお店に一度、行ってみたいと思っていました。当時の放送はYou Tube でも見れますので、本当に良い時代になったものだという印象です。今は「PHOTO BAZAR JAPAN」という屋号で営業されていますが、そのお店の前から「ばら・す」で撮影されていたのと同じ風景を撮影してみました。
おつかれちゃんです。






























.

副流煙

7R30464620190120.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/2500sec. ISO100 東京都台東区 浅草寺




















ご利益を信じて煙を浴びる方々・・・私もカメラも、副流煙のお裾分けを毎年頂いておりますが、お陰様で楽しいカメラライフを続ける事が出来ております。これは、まさに、福!流煙ですね。
おつかれちゃんです。





























.

東京の休日

7R30462820190120.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/6400sec. ISO100 東京都台東区 浅草雷門前




















ローマの休日はベスパが似合いますが、東京の休日は人力車ですよね。
おつかれちゃんです。

























.

ライカ M10-P「ASC 100 Edition」発表

        7R30487620190203.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/8000sec. ISO100 東京都府中市 府中郷土の森




















ライカは、1919年に設立された米国映画監督協会(American Society of Cinematographers)の設立100周年を記念して、M10-P “ASC 100 Edition” を2019年秋に発売する事を発表しました。 特別なM10-P本体とズミクロン35mmがセットになった限定品ですが、本体はブラッククローム仕上げで、セットのズミクロンは、オスカーバルナックへのオマージュとも言える、ウルライカの真鍮を模したカラーリング。ASC Cine Classic modeとASC Contemporary modeの2つの特別な撮影モードが用意され、また、ファインダーでは、映画撮影用のアスペクト比なども選べる・・・様です。まぁ、座頭市じゃぁありませんが、私にはあまり関わり合いのない話です・・・きっと。
おつかれちゃんです。
























.

TRI-ELMAR M 16-18-21mm f/4 ASPH

7R305085420190210.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Tri-Elmar-M 16-18-21mm f/4 ASPH.
16mm f/4 1/500sec. ISO100 埼玉県川越市 埼玉りそな銀行川越支店前






















一般的なカメラメーカーの広角ズームと言えば、16mm〜35mmという広い範囲をカバーした広角ズームレンズが主流です。その広角ズーム、一本でも結構な重量と大きさでもありますが、その分、画角も35mmまでカバーされているので、広角ズームを一本持って出れば、他のレンズは要らない。という便利な面を持っています。なので、他のレンズを出動させる機会が減ったりする事も多々あります。
トリ・エルマーの場合は、現行のライカレンズの中で最も広い画角を持つレンズという位置付けですが、16mm 18mm 21mmの3つの焦点を持った変わったレンズでもあります。ただ、使ってみて分かるのが、これは16〜21mmのズームレンズを持っている。というのとは全く違う別ものだという事です。どの様にお伝えすれば良いのか迷いますが、この3焦点の操作感としては、例えば、広角のパースペクティブ表現をどの程度付けるのかなど、効果の強さを3段階、強・中・弱、みたいな感じで選んで撮影するという感覚に近いものです。16mmの強烈なパースペクティブの構図作りにひとしきり夢中になった後に、同じ情景を21mmの画角でも構図作りを楽しんだりと・・・、コタツの温度を切り替える様に撮影しています。ですので、トリ・エルマーは、あくまで広角レンズに特化した単焦点レンズの様なレンズであると言えます。そういう意味では、完全に目的の異なる標準域としての35mmや50mmもトリ・エルマーと一緒に持って出かけたくなりますね。ソニーの広角GMレンズ1本分の重さと、ライカ2〜3本の重さが同じというのも、複数のライカレンズを同時出動させる理由の一つだと思います。そして、それぞれのレンズが、それぞれの役割をしっかり持っているというのが、ライカレンズの凄いところでもあると思います。
おつかれちゃんです。





























.

梅まつり初日

7R30489520190203.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Tri-Elmar-M 16-18-21mm f/4 ASPH.
16mm f/4 1/800sec. ISO100 東京都府中市 府中郷土の森


















梅まつりが開催されているというので、早速、府中郷土の森にやってきました。さすがに、初日二日目でしたので、この早咲きの八重野梅以外の梅は、ほとんどが、まだつぼみの状態でした。今週末か、来週末あたりは期待できそうです。
おつかれちゃんです。

























.

ライカのレンズが割れた

7R30465320190120.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/320sec. ISO100 東京都台東区 浅草寺近く



















自転車とかを見かけると思わず写真に収めたくなりますね。メカニカルな部分がむき出しになっているからか、はたまた、小学生だった頃の憧れがあるのか、何だかとっても気になるのです。それにしてもこのズミルックス35mmは、こんなにも小さなレンズで、何気ない情景であっても独特の雰囲気を映し出してくれます。AFの便利さもあるのですが、スナップも楽しいですね。
ネットでライカに関する情報を見る機会が多くなりました。ライカファンの方はご存知なのでしょうが、ちびまる子ちゃんのお友達のたまちゃんのお父さんがライカを使っていて、そのライカが壊れる回の動画を見ました。この回(1992年116話)のお話は、まる子がたまちゃんの家に赤ちゃんを連れて行き、赤ちゃんを撮影しようとカメラを構えたたまちゃんのお父さんめがけて、赤ちゃんがビー玉を投げつけ、何とライカのレンズに命中、レンズが割れてしまうという、悲劇的な回になっています。考えただけでも恐ろしい話です。お父さんの落胆ぶりはハンパないです。パスポート写真を撮り終えたお金持ちの花輪くんが、カメラ屋の店先で泣いているお父さんを見かねて、たまちゃんのお父さんにライカカメラを譲るという話(ネタバレごめんなさい)です。この放送がきっかけで、ちびまる子ちゃんの作者である、さくらももこさんに、ライカジャパンがライカカメラを贈呈する。というエピソードも。ネット上では、たまちゃんのお父さんのライカの機種は何だったのか、色々な憶測がある様ですが、実は、現実の世界で、たまちゃんのお父さんが亡くなられた後、たまちゃんは、お父さんの遺品のライカをさくらももこさんに贈られたそうで、その時の写真を見ましたが、たまちゃんのお父さんが使われていたライカは、M3だった様です。カメラと言えばフィルムカメラの時代ですが、デジタルになった今でも、ほとんど同じデザインでカメラを作っているライカってすごいですね。
おつかれちゃんです。

























.

まなざし

        7R304800-Edit20190127.jpg
SONY α7RIII ILCE-7RM3 / SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM
200mm f/2.8 1/200sec. ISO100 東京都日野市 多摩動物公園



















ソニーは春に動物瞳AFに対応にするためのバージョンアップを行う事を発表していますが、昨日と今日の写真で、一足先に瞳にAFを合わせて撮影してみる事にしました。魔法瓶と言えば・・・絶対に外せない被写体、それは象(印)ですよね〜。



おまけのお話
クイックリリースL型プレート Fittest LB-A9
撮影の合間の休憩時や食事時など、机にカメラを置いたりする場面が多く、TECHARTのマウントアダプターLM-EA7を装着していると、マウントアダプターのはみ出た部分を支点にカメラを変な格好で置かなければならず、結構気になってしまいました。早速、調べてみると、α9用のFiitest LB-A9というα9用のL型プレートをアマゾンで買う事にしました。α9、α7RIII、α7IIIともにボディーサイズは共用なので、私のα7RIIIにもドンピシャ使えます。取り付けてみたところ、TECHARTのはみ出し量とプレートの厚さ同じで、まるで測ったかの様にフィットしています。これで、机に置いた時にも、まっすぐ水平を向き、レンズやマウントアダプターに必要以上の負荷がかかることはなくなりました。プレートの形状を細かく見てみると、αのグリップ部のカーブは、α7RIII本体は少し内側に絞り込まれているのに対して、プレートのカーブはやや大きく直線的に設計されていて、ほんのわずか0.5mm〜1mm程度外側に膨らんだデザインになっていますが、値段もお手頃ですし、全く気になりません。数年前は、こういうアルカスイス互換プレートも、米国製とかだと1万円以上するのが普通でした。今回買ったのは、多分中国製だと思いますが、随分安く(今回のは¥2,499送料込)で買える様になった事に驚いています。
おまけの話の方が長いね。
おつかれちゃんです。

























.
Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

ソニーのフルサイズ・ミラーレス一眼 と
ライカレンズで撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。