α7RIII 試写してきました。

DSC0725320161104.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/6.3 1/200sec. ISO100 屋久島フルーツガーデン




















昨日、用事があって銀座に行き、その帰りに四丁目交差点にある、ソニーのショールームに立ち寄ってきました。エスカレータで4階に行くと、α7RIIとIIIがmひとつの展示台に並べて置いてありました。さすがに、平日という事もあってか、どなたも触っておられませんでした。α7RIIIにまっしぐらです。
早速、新製品のα7RIIIを手に取りました。大きさは電池が大型化したからか、グリップがほんの少し大きくなっている様に感じました。横にあるIIと比べて見たのですが、見た目はほぼ同じに見えましたが、わずかに違っている様です。装着されているレンズは24-70mm F2.8GMでした。 ファインダーを覗き込んだその瞬間、「うわ〜っ」って声が出ちゃいましたよ。明るいし、色は派手だし、ファインダーの映像密度がもの凄く濃いです。α7RIIと、取っ替え引っ替え見比べましたが、ショックを受けるほど違いました。 そしてシャッターを切ると、α7RIIではコロキュンっていうメカ的な音がしていましたが、α7RIIIでは、メカ音はすっきり取れて、初動のコロ音が少し高めでリリースの短い音になって、言葉で書くとカシャに近い感じになっていました。 連写音も、まるで夕方に、お夕飯の支度をする母親の包丁さばきの様な小気味好い音で、懐かしい感じすら覚えました。 そして、さらに特筆すべきは、フォーカスです。一応、コンティニュアスモードでしたが、あちこちレンズを向けシャッターを切ったのですが、ピントの食いつきが半端なく凄まじいです。背面液晶もタッチビューになっており、ピントの位置をタッチで指定できます。 ピントの合焦は、シャッターを切る動作の一連の撮影作業の始まりを意味しますが、これが本当に気持ち良く、まさに、合焦はシャッターを切らせてもらえる最初のプロセスなんだと、改めて意識させられるほどです。いや〜、もう、そのあと、連写が止まらなかったですね。レンズをショールーム内のあちこちに向けては、荒野の用心棒のクリントイーストウッドの様な気持ちで連写を楽しみました。 ショールーム内は暖房が効いていましたが、頭から湯気が出ていたと思います。気が付いたら、触り始めてかなりの時間が経過しておりました。
おつかれちゃんです。





















.

香港のホテル

DSC0282020171103.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/2.8 1/200sec. ISO100 ホテルから見た香港市内




















めっきり寒くなってきました。今朝の東京の気温は5度だそうです。紅葉も進んでいますし週末は撮影に出かけたいものですね。先々週出かけていた香港での写真です。宿泊したホテルは香港では珍しくリーズナブルなホテルで、九龍の中心部からは車で15分ほど離れた場所にあるとあるホテルでした。泊まったのが23階で少し怖かったですね。
おつかれちゃんです。



















.

α7RIII もうすぐ発売

DSC0280620171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
39mm f/2.8 1/125sec. ISO6400 ベトナムハノイ市内




















α7RIIIがもうすぐ発売になります。すでに雑誌社などのインプレッション記事も出ておりますが、来週、銀座に出かけてチェックしてこようと思っています。
おつかれちゃんです。

















,

三脚使いますか?

DSC0280420171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/2.8 1/80sec. ISO12800 ベトナムハノイ市内






















カメラの高ISO化、手ぶれ機能強化が図られている反面、負けじと三脚の必要性を説く記事も目にします。よく見れば三脚メーカーの記事広告でした。 今日の写真は出張中の夕食の合間に撮影した写真ですので、もちろん手持ち撮影なわけですが、夜景などの場面では間違いなく三脚を使わないとクォリティの高い写真を撮影することは難しくなります。一眼レフに明るいレンズ、三脚持参となれば相当な重装備となるわけですが、実際に現場で撮影してみると、意外とスマホでの撮影の方が綺麗に撮れていた、な〜んて事もしばしば。スマホで十分な質の写真が撮れるのも時間の問題なのかもしれません。
おつかれちゃんです。


















,

渋谷スクランブル交差点

DSC0279520171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/2.8 1/125sec. ISO4000 ベトナムハノイ市内






















多くの若者たちが、バイクで集まってきています。
おつかれちゃんです。



















,

紅葉撮影

DSC0278520171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/2.8 1/125sec. ISO2500 ベトナムハノイ市内






















いよいよ紅葉の秋がやってきました。今週は撮影に出かける事が出来ませんでしたが、来週は撮影に出かけたいと思います。
おつかれちゃんです。





















.

夜店の花屋

DSC0278420171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
68mm f/2.8 1/125sec. ISO2500 ベトナムハノイ市内




















ベトナムは面積33万㎢、日本の九州を除いた面積とほぼ同じ。人口は約9,500万人で日本より少し少ない程度ですが、平均年齢は圧倒的に若い人が多く、非常にエネルギッシュな国です。首都であるハノイ市はここ何年かでも大きく発展を続けています。国自体は社会主義国ですので、民主主義の日本とはやや様子が異なっています。洪水のごとくバイクが走り回る道路を見て圧倒される束の間、花屋を見つけ何かホッとする気になれた瞬間でした。
おつかれちゃんです。

















.

ジッツォ メッセンジヤーバッグ

DSC0277420171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/2.8 1/125sec. ISO5000 ベトナムハノイ市内




















三脚で有名なジッツォからメッセンジャーバッグが発売れています。このバックは、大小2種類の大きさが用意され、大きい方は三脚の収納までできる様になっている様です。最近、いよいよ肩こりに悩まされていて、ショルダー型のカメラバックは敬遠しているのですが、見てみると良さげな感じです。
おつかれちゃんです。



















.

ベトナム出張

DSC0277320171031.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/5 1/125sec. ISO12800 ベトナムハノイ市内






















先週は1週間かけて、ベトナムと中国に行ってきました。例によって、カメラを持参したのですが、なかなか撮影に割ける時間もなく、夕食に出かけた移動中の間に少しだけ撮影してみました。ベトナムはバイクが多いことでも有名ですが、ここハノイ市内では、結構道幅の広い道でも一方通行でバイクがめちゃくちゃ並んでいて怖いくらいでした。信号無視や逆走も日常的に当たり前なのがベトナム流ですが、ここは市内なので、さすがに皆さん、最低限のマナーとして信号だけは守っているようです。
おつかれちゃんです。



















.

五重の塔

        DSC0160620170716.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
41mm f/2.8 1/1000sec. ISO100 京都八坂の塔




















二年坂を登るとどうしても八坂の塔を見ておかねば・・・という気にかられます。周辺のランドマークになっているこの五重の塔は、法観寺というお寺の境内に建っており、国の重要文化財にも指定されています。興味深いのは、時々、塔の内部、2階部分まで、拝観させてもらう事(有料)もできるとの事で、タイミングが合えば、一度、中を見て見たいものです。
おつかれちゃんです。




















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。