成田空港

DSC0347720160120.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/9.0 1/125sec. ISO5000 成田空港第二ターミナル


















今週に入って、めちゃ寒い日が続きます。1月より寒くなっているのではないかと思います。風邪をひいている人も多い様ですが、皆様体調管理にはお気をつけあそばせ。熱いお風呂に入ってゆっくり寝るのが一番だとしみじみ思います。
おつかれちゃんです。















.

アマゾン・プライム・フォト

        DSC0348420160122.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/2.5 1/640sec. ISO100 Seal Beach CA. USA.


















先日、アマゾンが自社のプライム会員向けサービスとして、今度は、写真用の無料ストレージサービスを始めた事が報じられていました。今、私は同様の無料ストレージサービスであるGoogleフォトを利用しているのですが、Googleフォトの場合、容量は無制限ですが、1枚当たりのデータ量は限られていて、1600万画素以上のデータはリサイズされ、また容量によっては圧縮されるという制限が付いています。実際に撮影した大量のJPEGなどの写真データを人にお見せするなどの場合は、むしろ1枚当たりの容量が制限され、圧縮される方がスマホで見る場合もストレスがないので、Googleフォトの仕様の方が好都合とも言えますが、元画像であるRAWデータのストレージについては、この制限によって利用を躊躇せざるをえませんでした。 したがって、現在、元データはローカルのPC内に保存してあるのと同時に、外付けのHDDにバックアップするというデジタル時代の方法としては、原始的な方法でデータを保存していますが、この管理は、結構手間がかかり、正直、面倒なんですよね。 それが、アマゾンプライムフォトは、1枚当たりの画像サイズや容量も無制限という事ですので、高画素化によって肥大したファイルの保存も可能という事です。接続回線速度にもよるのでしょうが、このサービスを本気で有効活用する方法をちゃんと研究してみたいと思いました。今のところの疑問は、写真以外の書類やムービーのデータは総量5GBの制限がかかる様で、なぜ写真データは無制限で、書類やムービーだと容量制限がかかるのか?ファイルの種類でデータ容量に差をつける「意味」がよく理解できません。少なくともα7RIIの42MPの非圧縮RAWデータはRAW画像データ1枚だけで80MBを超えていて、約60枚ほどのRAWデータだけで、軽く5GBを突破する容量になります。私が今、ローカルに保存している写真データは、最近のものだけで約600GBを突破しており、2年以上前のデータを合わせると、(2年以上の前のデータをクラウド化させる意味はないですが・・・) 3TB程度のバックアップが必要な計算になります。それでも、最近の4K動画やハイレゾ音源の容量のデカさに比べれば、写真である静止画は、可愛いものなのかもしれませんが。 いずれにせよアマゾンの顧客囲い込みは、本当にすごいと思いました。
おつかれちゃんです。

















.

京都慕情

DSC0099520150920.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/1.8 1/4000sec. ISO100 京都八坂神社前より




















.

謹賀新年

DSC0000320150809.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/4.0 1/400sec. ISO100




















みなさま、明けましておめでとうございます。
本年も、おつかれちゃん日記αをどうぞよろしくお願いいたします。
お正月は食べ過ぎとかになりがちです。こたつから出て、写真でも撮りに出かけませんか?
おつかれちゃんです。

















.

都市路地

        DSC0001420150810.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/1.8 1/80sec. ISO100 東京都銀座


















.

高画素機の宿命 その4 被写体ブレ

DSC0002520150811.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/6.3 1/640sec. ISO100 東名高速道路から駿河湾を臨む
















これまで、ブレ防止について、三脚だの、リモートレリーズだの、ミラーアップや電子先幕シャッターなどの事を書いてきましたが、結局のところ、カメラはがっちり固定されていても、最終的に、被写体がブレていてはどうにもならない。という話です。もちろん動いているものを撮影する時には、それなりのシャッター速度にして、ある意味、心構えもできているかもしれませんが、風景写真においては、風の動きにも注意しなければなりません。風の強さによって、木々は揺れまくり、少し遅めのシャッター速度では、ブレまくっているという事もしばしばです。もちろん、そういうブレている効果を狙っての撮影の時もあるでしょうが、大抵はきちんと止まっていてほしい状況が多いです。特にマクロレンズを使用して撮るクローズアップの情景など、本当にブレのない写真を撮影しようとすると、とんでもない位、気を使います。そういう意味で、マクロレンズは疲れるレンズですね。今日の写真は、マクロでもなんでもない写真で、こういう写真は、平和ですね。オートフォーカスの恩恵を享受し、何も考えずに撮影出来るというわけです。時々、こういうレンズを持ち出して、気軽に撮影するのも楽しいです。あまりに気軽すぎても、やっぱりブレてる・・・・なんて事も。
おつかれちゃんです。

















.

八甲田山山頂公園 その2

        DSC0136820151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/8 1/160sec. ISO100 青森市 八甲田山山頂公園にて
















ライカが昨年のフォトキナで発表していた、ライカSがいよいよ発売される事になりました。撮像素子は3,750万画素という事で。今となっては、それほど驚くスペックでもありませんが、その価格を聞いて驚かずにはおれません。価格は、259万円だそうです。その昔、1ドル360円時代に、ライカは、家一軒買う事ができる位の高級カメラと言われていたそうです。それを思うと、高くない。と言うことになるのでしょうか? まさに不思議な世界です。
おつかれちゃんです。















.

八甲田山

DSC0140320151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/8.0 1/125sec. ISO100 青森市 八甲田ホテル近辺














週末は、今年も八甲田に行ってまいりました。八甲田は高低差が激しく、10月のうちに訪れると、どこかで紅葉に出会えるのですが、今年は、夏が早く終わったからか、紅葉も早くて、残念ながら、すっかり終わっておりました。
おつかれちゃんです。















.

見返り美人

        DSC0099320150920.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/1.8 1/640sec. ISO100 京都八坂神社

















.

ソニー センサークリーニング

        DSC0082920150905.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/5.6 1/250sec. ISO100 東京台東区 神田川浅草橋
















皆さん、センサークリーニングはされていますか? レンズ交換式の一眼レフでは、どうしてもレンズ交換時にチリやホコリが入りやすく、時々センサークリーニングが必要になります。キヤノンの場合はサービスセンターが新宿で、行きやすかったのですが、ソニーの場合は秋葉原のサービスステーションまで行かねばならず、私の場合は結構遠いんですよね。しかも秋葉原などに行った日には、ヨドバシカメラとかに、どうしても立ち寄ってしまうので、余計な出費をする羽目になることも少なくありません。ソニーの場合は、購入1年以内の保証期間内のセンサークリーニングは無料で出来るのですが、1年以上経つと3,240円(税込)かかる事になっています。そんな折、今回ソニーでは、α期間限定クリーニングサービスキャンペーンとして、11月30日まで、通常3,240円のところ、2,160円引きの1,080円でやってくれるという嬉しいキャンペーンがスタートされる事になったそうです。AマウントとEマウントのαシリーズ全機種が対象となるようで、保証期間の切れたαシリーズをお持ちの方は、今がチャンスの様です。広角レンズを使用した風景撮影などでは、絞り込んで撮影する機会も多く、そういう時にセンサーの汚れがそのまま写り込んでしまう事も少なくありませんので、こういうキャンペーンは大歓迎ですね。ただし、申し込みが多くなると、待ち時間の方も長くなるので、少し待つことになる可能性はありますので、早めに行かれることをオススメします。
私のNEXも、このキャンペーンの対象機種になっており、クリーニングしてみようかなと思います。でも、実際には、今、センサーと言うより、背面液晶のコーティングがボロボロになってしまっている事の方が気になっています。 ネットで調べてみると、NEXの背面液晶のコーティングは、特に弱い様で、多くのユーザーが、この症状に困っている様です。修理代も16,000円程度かかるそうで、同じくらいの価格で中古が購入できることを思うと、ホント、腹立たしい思いです。正直センサークリーニングどころではないかも知れません。
おつかれちゃんです。














.
Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。