大晦日

DSC0013120150814.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/5.6 1/500sec. ISO100 伊勢神宮内宮
















今年も最後まで、おつかれちゃん日記α(アルファ)をご覧いただき、ありがとうございました。
本当は日記と言っている位ですから、毎日更新したかったのですが、時々、お休みさせていただきました。
来年は、できる限り毎日更新できる様に頑張りたいと思います。
お・つ・か・れ・ちゃ〜ん でした。良いお年を。
















.

西沢渓谷

        DSC0191120151103.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/16 1/10sec. ISO100 山梨県 西沢渓谷




















.

Lightroomの裏技

DSC0187020151103.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/16 1/2sec. ISO100 山梨県 西沢渓谷
















言わずと知れた現像ソフト、Photoshop Lightroomで、私が便利に使用している機能を紹介します。風景写真を絞り優先モードで、絞って撮影する時は、やはりセンサー汚れの影が出やすくなっているのですが、センサー汚れについては、丸型のスポット修正ツールを使えば、簡単に除去、修正することが出来るのです。丸型のスポット修正ツールを選んだ後、ブラシは「修復」を選んでおきます。そして、まずは、センサー汚れのノイズがどこにあるのかを探す作業から始めるのですが、これが結構、難しいんです。で、活用するのが、このツールを選んだときだけ画面下に出てくる「スポットを可視化」というのがあるのですが、これにチェックを入れて、その横のスライダーで可視化の度合いを調整すると、あら不思議、センサー汚れがくっきりと浮かび上がってくるではありませんか!?これで、修正すべき箇所がわかり易くなりますので、そこにカーソルを持って行き、クリックするだけでOKです。そして、同時に、そのままマウスホイールを前後に動かすことで、修復円のサイズを丁度良い大きさに変える事が出来る様になります。そして狙いを定めて、そして、クリックです。もちろん、ドラッグでもOKです。ドラッグした形のままでも、修復ネタを自動選択し、修正が始まります。また、線のような直線のノイズの場合は、起点を選んだ後、Macだとシフトキーを押しながら終点箇所をクリックすると、直線上の修正も一発で出来る様になります。使い易く、そして便利になったんだなぁと言う思いです。
おつかれちゃんです。















.

広角レンズ考察 その6

DSC0185520151103.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/16 2.0sec. ISO100 山梨県 西沢渓谷  写真右上にお弁当を広げる人達が・・・


















これまで広角の有名レンズの筆頭がNikonの14-24mn F2.8や、Canon EF 16-35mm F2,8LIIといった所でした。キヤノンの16-35IIは、持っていた事もありますが、やはり最近のレンズという感じではありません。むしろF4ですが、16-35mmF4Lの方が良いのではないかと思えるくらい、すっきりした絵を見る事ができます。やはりこれはレンズのコーティング技術が向上したからなのでしょうか?そういう意味では、ソニーの16-35mm F4も試してはいませんが、期待できそうです。また、タムロンからは、ソニーと同時期に15-30mm F2.8と言うレンズが発売になっています。これはこれで、一般的な16mm〜より1mm広く、また、広角であっても2.8の明るさと、手ぶれ補正機能を搭載していることが、大きな特徴になっており、評判も良いようです。 何しろメーカー純正品より価格が安く、カメラメーカー製以外のレンズというだけで、意外とお得なのかもしれません。 先日、ヨドバシカメラに行った時に、このタムロンの15-30mmをキヤノンEOS5D3に付けて試しましたが、EF 11-24mmF4Lと同じくらい重い、レンズ単体で1kg越えの大きなレンズでした。重さを取るか、画角を取るか、それとも写りを重視するのか、手ぶれ補正か、明るさか・・・本当に悩みは尽きないですね。
おつかれちゃんです。














.

睡蓮沼

DSC0141520151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/125sec. ISO100 青森県 睡蓮沼




















.

長沼 その2

DSC0176720151025.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/50sec. ISO6400 青森県 長沼


















この日は、めちゃくちゃ寒いと思ったら、とうとう雪になってきました。レンズの前には雫を拭いても拭いても雪が当たってきて、大変なコンディションになり、撮影を中断せざるを得ませんでした。
おつかれちゃんです。















.

長沼

DSC0175720151025.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/25sec. ISO800 青森県 長沼




















.

広角レンズ考察

DSC0172220151025.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/30sec. ISO800 青森県 月沼


















今回の八甲田奥入瀬ツアーでは、このライカのスーパーエルマー18mmが大活躍した訳ですが、実は一口に広角レンズと言っても、結構な種類があります。
ソニーα7シリーズで採用されている、Eマウントで言えば、純正の広角レンズ16-35mmのF4ツァイスレンズという事で、現状、これ以外の選択肢はない訳ですが、もし、マウントにこだわらなければ、選択肢は広がっていきます。コンパクト性と写りにこだわった場合、私の場合は、ライカのスーパーエルマ−18mmが筆頭となり、どこへ行くにも気軽に持ち出せる素晴らしいレンズという事で、非常に満足しております。
一方、もし、重量やサイズ、価格にこだわらなければ・・・という前提ですが、今年2月にキヤノンから発売された「EF 11-24mm F4L」というレンズがとても良さそうですね。このレンズが持つ最広角域の11mmという画角は、広角レンズとしては、世界最広角画角だという事です。これだけ広角に成ってくると、レンズのイメージサークルである円形とセンサーの四角形のギャップを埋める歪みが、とても大きくなってしまう問題がありました。レンズのイメージサークルをそのままセンサーが捉えると、魚眼レンズでおなじみの円形な感じになってしまうのです。これまでもキヤノンでは、シフト、チルト機能を持ったTSレンズというアオリレンズを発売していましたが、画角は17mmの広角端でした。それに比べてEF 11-24mm F4Lでは、チルトやシフト機能に頼らず、スクエアなイメージセンサーに光を届ける独自のレンズを開発してきた。という事です。価格は安くないのですが、基本的にこのレンズ設計技術、素晴らしいですね。軽量コンパクト以外の条件では、もう一方の筆頭候補に挙げられると思います。
ソニーは、高画素センサーを武器にお家芸のコンパクト性を特徴にしたデジタルカメラの開発で、人気を博していると思いますが、一方、レンズ、と言う点では、まだまだ他社の技術やバリエーションに追いついておらず、早くソニーのFEレンズのバリエーションが揃う事に期待したいと思っています。他社のレンズを使用するデメリットは、余計なマウントアダプターを使用しなければならなくなる。という事でしょうか。マウントアダプターの出来によってはオートフォーカスが遅くなるなどの問題もあるようです。でも、そのデメリットがあったとしても、他社のレンズを使う理由は、ソニーのFEレンズのラインナップを待っていられない。って事なんですよね。
おつかれちゃんです。














.

奥入瀬渓流 その10

DSC0164820151024.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/4 sec. ISO100 青森県 銚子の滝




















.

日本一のブナの木

DSC0162020151024.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/10 sec. ISO100 青森県 日本一のブナの木




















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。