春の空

DSC0182520150327.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
京都市鴨川五条下がる















もうすぐ3月が終わろうとしていますが、先週末から一気に暖かくなり、あちこちで桜が開花しだしました。今年も多くの桜が咲いています。ここは京都市五条大橋の南側にあった桜並木です。青空に映える桜、本当に素晴らしいですね。
おつかれちゃんです。














.

ライカ京都店

DSC0175820150327.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
小山薫堂&Alex Mouton写真展「KYOTO KOTOKOTO TOKOTOKO」・ライカ京都店2階














くまモンライカ限定品のまさに生みの親である小山薫堂さんの写真展が、ライカ京都店でやっているというので、行って見てきました。京都のライカはもう何回か来ていますが、京都の町屋を改装して作られており、本当に上品な感じがします。ライカで撮られた京都の町並みなど、見応えがありました。 また、これと同時に、岡崎の「細見美術館」において、「私の一枚」と題された、有名写真家101人の写真、全部で101枚が展示されていて、そこにも立ち寄ってきました。さすが、有名写真家の代表的な写真で、何かで見かけた事のある写真が多く、非常に密度の濃い写真展という感じでした。ほとんどの写真がライカで撮影されたもので、この日は色々と目の肥やしになりました。

ソニーα7シリーズの最新ファームウエアver1.2がアップされました。早速バージョンアップしてみました。前回はYosemite Macでは、うまくアップデートできませんでしたが、今回はすんなりアップデートできました。
おつかれちゃんでした。













.

懐かしの教室

DSC0156020150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.













さて、あなたの席はどこでした?
おつかれちゃんです。













.

0.8秒バズーカー

DSC0160620150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
府中郷土の森博物館・モミジの滝














郷土の森の公園を散策していると、モミジの滝というのに出会いました。残念ながら三脚は持参しておらず、どうしようかと思ったのですが、近くにあった木を三脚代わりにして、お約束の、0.8秒のシャッター速度で撮影してみました。結果はラッスンご覧の通りです。えっ、えっ、何て?・・・ラッスンゴレライ♪ 説明してね。 いや、ちょと待って、ちょと待って、お兄~さんっ! ラッスンゴレライってなんですの? 説明しろと言われましても、意味わからんからできませ~ん。ラッスンゴ~レライ♪

8.6秒バズーカーならぬ、0.8秒のシャッタースピードは、滝の撮影には最適ですね。絞りは少し多めに絞ってシャッター速度に合わせます。それにしても5軸手振れ補正の威力もあって、ほぼ手持ちに近い状態で撮影することが出来たのは、驚くべき事だと思いました
おつかれちゃんです。













.

風邪にご注意

DSC0165120150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
府中郷土の森博物館内、旧田中家住宅














どうやら、この冬2回目の風邪をひいてしまった様です。喉の奥が焼ける様に痛いです。咳も止まりません。例年、風邪など全然引かなかったのに・・・、老化による体力低下が進んでいる事を認めざるを得ない状況かも。今日は早めに寝ることにします。皆様もご自愛ください。
おつかれちゃんです。















.

三寒四温

DSC0165420150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
府中郷土の森博物館内、旧田中家住宅玄関より















先週末は、関東地方もものすごく暖かくなって、いよいよ春が来た!と喜んでいたのですが、一転、今日はめちゃ寒かったですね。毎日の体調管理が大変です。
おつかれちゃんです。













.

        DSC0165820150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.



















.

金庫のダイヤル

        DSC0166820150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.













古い金庫のダイヤル、ライカのフィルム巻上げのダイアルと似ています。この金庫のダイヤル、相当古いものだと思います。数字ではなく「イ・ロ・ハ・二・・・・」って書いてありました。
おつかれちゃんです。












.

フィルムカメラの魅力

DSC0164520150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
Leica IIIf with Elmar 5cmF3.5















ソニーのフルサイズミラーレス、α7シリーズでオールドレンズを楽しむ方々が増えているという話は前から聞いていましたが、最近でもその傾向は続いているようです。そもそも小型化を目指しているはずのミラーレス一眼で、わざわざ35mmフルサイズの大きなセンサーまで必要なのか?という議論もありましたが、広角好きの私としては、焦点距離X1.6倍しなければいけないAPS-Cサイズだと画質ではなく画角の問題の方が大きく感じます。また。オールドレンズを楽しむという事は、ほとんどのオールドレンズが35mmを前提に設計されていて、同じ条件で撮影しようとすれば、やはりフルサイズセンサーを持つデジカメを選ぶという事になると思います。フルサイズセンサーを持つデジカメは結構たくさんあるのですが、どれも結構なデカさのカメラになるのです。それをさらにミラーレスなど小さくまとめているのはどれか、と絞っていくと、もうソニーα7かライカMくらいしか残らないのです。びっくりする位、選択肢が減ります。でも、そう考えてフィルムカメラを見てみれば、そのほとんどが35mmフルサイズフィルムフォーマットのカメラで、選択肢はぐっと広がるのです。

一方、レンズの方も、オールドレンズの場合は、レンズが曇ってたり、条件はデジカメ性能に合わせコーティングなどが施された最新レンズと比べるとコンディションの悪いものが少なくありません。なので、オールドレンズは、画質が良くない、周辺光量落ちる、色かぶりが・・・と批判されがちです。でも、それがオールドの「味」なんだと思えば、満足度は最新のレンズで撮ったのと変わる所がありません。何より価格が安い。もちろん中古だからという事もありますが、ライカのレンズであっても数万円程度出せば、程度の良い中古があります。オールドレンズを最新のフルサイズのデジカメで使う魅力がここにもあります。ただ、そうやってデジカメで撮っていても、最終的に結局オールドレンズは「フィルムカメラ」で撮るのが一番と思えるようになってきます。そこには画質や周辺光量、色かぶりなどを超えたものがあるからです。デジタル全盛の現代にわざわざフィルムカメラなど持ち出す必要など全くないのですが、それでも私がフィルムカメラを使いたくなる理由というのがこういう、スペックや画質を超えた、感覚的な事だったりするのです。
おつかれちゃんです。














.

レトロ主義

DSC0167720150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
府中市郷土の森博物館・武蔵国府太鼓演奏














先日、1962年昭和37年制作の「社長洋行記」という映画をテレビで見ました。このお話は、桜堂製薬という製薬会社の本田社長役を務める森繁久弥さんが主演の社長シリーズの中の一つの作品なのですが、まだイギリス領であった当時の香港が舞台になっていました。テレビ映画を見ていて、最初はなんとなく、香港っぽいなぁと思っていたら、やっぱり香港だったのですが、私が3年ほど前に行った香港とはどこか雰囲気の違うレトロな街並みが映し出されていました。映画のストーリーとは別に、純粋に映像に見入ってしまいました。当時の街を走る自動車はかっこいいし、出演者の服装も本当にイケてるものでした。ファッションや流行は一定周期でブームがやってくると言われていますが、この時代のものは、今見たら逆に新しくて本当に「お洒落」なものでした。最近、60年前のカメラを持った事で、自分自身の中でノスタルジーへの回帰熱が高まっていたからなのかもしれませんが、良いものを見たなぁという印象でした。真剣にツタヤでこの他のシリーズもレンタルしてこようかなと思いましたね。
おつかれちゃんです。













.
Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。