SONY a7R II 発表 その3

DSC0255420150507.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
井の頭恩賜公園にて














土日に見れなかったソニーのホームページでのカタログPDFがようやく見れるようになりました。このPDFを見るとセンサーの画素数が増加した事だけでなく、細かく見ていけば、他にも世界初の裏面照射型CMOSになり配線がフォトダイオードの下部に配置される事でISO感度の向上も実現させている事、新ExmorRはスパルタンな性能を持っている事が良くわかります。そして、私がもう一つ注目したいのが、世界最大倍率の電子ビューファインダー(EVF)です。カタログでは控えめにしか書かれていませんが、高解像度・高コントラストの有機 EL パネルに 加えて、接眼レンズには両面非球面レンズを含 む4枚レンズによる新規光学系が採用され、なんとツァイスコーティングまでされているという念の入れようで、レンズとセンサーによってデジタルデータ化された映像情報を再び肉眼で確認する為のアナログ変換が、非常に丁寧に行われている。という印象です。これまでもソニーのミラーレスを使用し始めて、最も驚いたのがこのEVFだったのですが、それがまたまた進化しているというのは、非常に楽しみな点でもあります。EVFに対して、ミラー有りの一眼レフでは光学ビューファインダー(OVF)と呼ばれており、光学ビューファインダーでは、被写界深度を確認する為にはファインダーが絞りの状況で暗くなってしまうので確認しずらかったのですが、これがEVFになると、暗くなるはずのファインダーが自動的に明るさ補正され、おもしろい位に被写界深度がリアルタイムにわかる。という非常に便利な特性を持っています。ソニーはこれに加えて、ピントの山を赤、もしくは黄色で映像に重ねて表示する事が出来るので、ピントも非常に合わせやすく、同時にゼブラ模様で露出補正の適正範囲を表示してくれる、まさにデジタルなファインダーなのです。背面液晶よりも画素数が細かいので、撮影後のチェックもファインダーの方でチェックした方が見やすいです。ファインダーからまさに目が離せない状況になる事、請け合いなのです。今でも使いやすくてすごいと思っているものが、さらに進化しているとの事で、早く見てみたいという思いです。7月下旬からソニーストアで見る事が出来るとの事です。
おつかれちゃんです。














,

SONY a7R II 発表 その2

DSC0254920150507.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
井の頭恩賜公園にて















画素数的には既存機種の倍以上の50MPになったキヤノンの5Dに比べると、すでにI型で36.4MPもあって、II型が42.4MP、6MP増えただけで、価格はI型の倍以上の設定になってしまいましたので、今更ながら、日本の円価格を基準に考えれば、もう少し画素数、多くはならなかったものかと思ったりもしています。為替の事を言っても仕方ないですけど。 いずれにせよ、キヤノンにしてもソニーにしても高画素化に関するセンサー開発技術を持っているという事、日本が世界に誇れる技術力、本当にすごい事だと思います。
おつかれちゃんです。













.

はな子

DSC0257320150507.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
井の頭自然文化園・アジア象「はな子」















井の頭公園から道路を渡ったところに井の頭自然文化園という動物園がありますが、そこに象のはな子さんがいます。このはな子さんは1947年生まれ、今年68歳のおばあちゃん象で、日本では最長寿の象だそうです。第二次世界大戦後、しばらくの1949年の2歳の時に生まれ故郷タイをはなれ、はるばる日本にやってきたそうです。ゆっくりとした動きで時折、長い鼻を静かに振り回し、来場客の声援に応えていました。ゆっくりとした動きはマニュアルフォーカスのカメラマンにとってはありがたい存在でしたね。長生きして欲しいです。また会いに来ようと思いました。
おつかれちゃんです。














.

SONY a7R II 発表

        DSC0249820150507.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
井の頭恩賜公園にて














ついに日本でもα7R IIが発表されました。価格はやはり円安為替を色濃く反映した40万円越えの設定で、42.6万円〜47.4万円と非常に高価なカメラとなってしまいました。まさか42万画素にかけて42万円にしたとは思えませんが、なんとなくそんな理由で決まった様な気もしてきます。仕様はほぼ全部入りの状態ですので、EOS 5Dsより少しでも安ければ、イケるだろうというソニーさんの思いも透けて見えます。いずれにせよ、世界のトップを走る最新のデジタルカメラである事は間違いないので、価格もモンスター級だという事ですね。
おつかれちゃんです。














.

モンスター

DSC0252520150507.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
井の頭恩賜公園にて















キヤノンからEOS5Dsが発売になった様です。すでに多くのアマチュアカメラマンの作品もネット上で見る事が出来る様になっています。さすがに50MPの威力はモニター画面を通して見ているだけでもその凄さがわかります。まさにモンスター級のスペックです。ただし、当然の事ながら画像サイズの巨大化で、カメラ以外のシステムも高機能化が求められる事になります。もちろん、高画素カメラの所有による撮影へのモチベーション向上という効果の図式は、あるにはありますが、価格とのトレードオフという事で、そういうお金はレンズにあてるか、実際の撮影旅行費用の捻出に回したほうが良いのではないか?という思いもあります。高価な財布を買ってしまい、肝心の入れるお金がなくなった。というのでは、元も子もないのと同じです。高画素モンスターであると同時に、金食いモンスターでもあります(笑
一方で、今日の写真はいつものズミルックスなのですが、先日、久しぶりに純正のツァイス55mm F1.8を持ち出して撮影をして来ました。オートフォーカスで気軽にどんどん撮影できる楽しさを久々に味わいました。仕上がりの画質も申し分なく、やはり軽量なシステムで明るいレンズを使用してストレスなく撮影を続けるというスタイルも本当に楽しいものですね。選択肢が広がるのは良い事ですし、こうやって、あれやこれやと、思いも巡らせている事が楽しいのかもしれません。
おつかれちゃんです。














.

FH00001520150315.jpg
Leica IIIf / Leitz Elmar 50mm f3.5
ベーゴマに興じる子供たち














ソニーα7RII、なかなか発表になりませんね。ネット上では一体いくらに設定されるのか、色々と書き込みがありますが、価格以外にも、興味は尽きないですね。ソニーは並行対策もきちんとやっているメーカーですので、価格設定において、単純に為替レートを当てはめる事もしないと思いますが・・・。今の所、他社競合というのはあるようでないので、無理な価格設定はないと思っています。そろそろ発表されるのかな?
おつかれちゃんです。















.

いつかのアメ横

DSC0244420150506.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
アメ横にて




















.

湯島

DSC0248320150506.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
湯島駅構内にて

















東京下町を走る地下鉄って、どこにでも行ける魔法の乗り物みたいな気がしませんか?田舎者には複雑すぎてちょっと辛い。
おつかれちゃんです。














.

望遠レンズ不要論

DSC0264820150618.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Canon EF100mm F2.8L macro IS USM














今日はライカ銀座にハービー山口さんのお話を聞きに行きました。ハービーさんのお話は以前にもお聞きした事がある内容で、新たな発見というお話は聞けなかったのですが、会場には新製品のLeica Qがあり、皆さん思い思いにチェックされていました。フルサイズミラーレスの24MPのコンパクトカメラ、やはりこだわりの製品なのだと思います。 そのLeica QにもSONYのデジカメではおなじみの超解像ズームもあって、Leica Qはレンズ交換は出来ないまでも焦点距離を変えることができるという画期的な機能が付いていてなかなか良く考えられていました。この機能はクロップということなのですが、高画素になればなるほど、倍率を上げることが可能な技術です。今後、画素数がどんどん上がっていけば、この超解像ズームというのは、デジタルが相当なアドバンテージを持つ事になるでしょうね。高解像度+手ぶれ補正の行き着く先は、もはや望遠レンズ要らず、という世界なのかもしれません。デジタルがカメラを変えていく、そして、デジタルはレンズをも変えていく、そんな未来がすぐそこまで来ている感じがしました。
おつかれちゃんです。













.

梅雨の季節

DSC0262420150618.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Canon EF100mm F2.8L macro IS USM














久しぶりにキヤノンの100マクロを出して、まさに今、旬の紫陽花を撮影してきました。ちょうど雨上がりのところで、花びらには幾つかの水滴が宝石の様に散りばめられている様に輝いていて、とても綺麗でしたね。撮影中、息を止めて、じ〜と撮影しているので、無防備というか、ホント蚊に狙われやすいんです。気が散って仕方ないので虫よけスプレーでもしておけば良かったです。それにしても使い慣れたキヤノンのマクロレンズ、やっぱり悪くないですね。
おつかれちゃんです。














.

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。