奥入瀬渓流

DSC0146820151024.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/6 sec. ISO100 青森県 奥入瀬渓流
















渓流の流れを美しく撮影するには、当然、三脚を使っての撮影が必須となるのですが、無謀にも今回は三脚を持たずに撮影を敢行しました。三脚を持たないという事で、ブレなどのリスクも高まる反面、撮影地点などでは、岩の上とか不安定な場所などでも自由に構図を決める事ができるというメリットもあります。今回の写真は、お約束の川下からの撮影ではありますが、比較的高い位置からの撮影ができており、川上の奥の方まで見渡せる構図が可能になりましたが、考えてみたら、そうやって撮影するより、しっかり三脚立てて撮影する方が、結局、簡単だったかもしれません。次回からは三脚必須で撮影したいと思いました。
おつかれちゃんです。














.

八甲田山山頂公園 その2

        DSC0136820151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/8 1/160sec. ISO100 青森市 八甲田山山頂公園にて
















ライカが昨年のフォトキナで発表していた、ライカSがいよいよ発売される事になりました。撮像素子は3,750万画素という事で。今となっては、それほど驚くスペックでもありませんが、その価格を聞いて驚かずにはおれません。価格は、259万円だそうです。その昔、1ドル360円時代に、ライカは、家一軒買う事ができる位の高級カメラと言われていたそうです。それを思うと、高くない。と言うことになるのでしょうか? まさに不思議な世界です。
おつかれちゃんです。















.

八甲田山山頂公園

DSC0137220151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/400sec. ISO100 青森市 八甲田山山頂公園駅から15分の展望台付近
















八甲田ロープウエイに乗りました。山頂公園駅を降りて15分ほど歩くとちょっとした湿地帯を含んだ展望台に出ました。この時期でも結構肌寒い季節なのですが、さすがに八甲田山頂は、一段と空気が冷たかったですね。その分、空気が水蒸気を含んでおらず、いろいろな情景をくっきり写すことが出来ました。山頂駅の展望台は積雪と凍結のため閉鎖されていました。残念でした。
おつかれちゃんです。















.

美しい地獄沼

DSC0139220151023-2.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/11 1/125sec. ISO100 青森市 地獄沼
















.

八甲田山

DSC0140320151023.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/8.0 1/125sec. ISO100 青森市 八甲田ホテル近辺














週末は、今年も八甲田に行ってまいりました。八甲田は高低差が激しく、10月のうちに訪れると、どこかで紅葉に出会えるのですが、今年は、夏が早く終わったからか、紅葉も早くて、残念ながら、すっかり終わっておりました。
おつかれちゃんです。















.

見返り美人

        DSC0099320150920.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/1.8 1/640sec. ISO100 京都八坂神社

















.

鯉のぼり

        DSC0086320150906.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/2.8 1/400sec. ISO100 忍野八海
















.

お地蔵さん

DSC0086020150906.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/2.8 1/640sec. ISO100 忍野八海















.

α7RII 本体アップデート その2

        DSC0085020150906.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/2.8 1/60sec. ISO100 富士山浅間神社















 先日、バージョンアップのあったα7RIIですが、その時にアナウンスがあった通り、非圧縮のRAW撮影が可能になるバージョンアップもダウンロード開始になりました。もともとのRAWでも、ほぼ1枚43MBのかなり大きなファイルサイズになっていましたが、これが、さらに非圧縮となれば、容量はさらに大きくなる可能性があります。今回のバージョンアップで、これまで12bitに圧縮されているとされているRAWファイルが、14bitの非圧縮になるという事で、ファイルサイズが大きくなったとしても、幾分かでも画質アップが期待できますので、バージョンアップする事にしました。 画像品質を考えると、当然ながら、現像前の元のRAW画像は大きいに越したことはないのですが、ファイルサイズの増量によるPCや記憶媒体の負担も増大しますので、それが心配事でもあります。
 ところで、今回バージョンアップに際して、いつもはカメラの電池は、充電後の100%の状態でバージョンアップを行っていましたが、今回は、撮影後の約50数%という所で、USBケーブルをつないで、バージョンアップ開始しました。バッテリー容量が十分にない場合、バージョンアップする前に、自動チェックされ、バージョンアップできない仕組みになっているはずなので安心していたのですが、バージョンアップは何事もなく開始されました。おそらくギリギリのバッテリー容量だったのでしょう。どんどん進めていくと、バージョンアップ中は、絶対に電源を切ったり、USBケーブルを抜いたりしないように注意書きの表示になり、バージョンアップの進行が棒グラフで表示されました。ちょうど棒グラフが真ん中あたりにさしかかった時、なんと、バージョンアップ進行中の表示が急にエラー表示に変わって、途中でバージョンアップが中断してしまいました。きっと、バッテリーが規定の容量を下回ったためのエラーである事は容易に察する事ができましたが、いざ、こうなってしまうと、USBケーブルを抜かず、電源も切らずに電池を入れ替えることは、不可能な状態です。どうしようもなく、意を決して、USBケーブルを抜く事にしました。アクセスランプは点きっぱなしでしたが、電源も切りました。そして、電池を入れ替えました。しかし電池を入れ替えると再度アクセスランプが点灯し、電源が入りっぱなしの状態にはなりますが、全く起動しません。これはもしかしたらサービスセンター行きか?と思いましたが、パソコンを再起動し、USBケーブルをつないで、アクセスランプ点きっぱなしの状態のまま、再度バージョンアップを開始して、しばらく待つ事にしました。 しばらくすると、表示が変わり、一時はどうなる事やらハラハラしましたが、何とか無事にバージョンアップを終える事ができました。という事で、皆さん、バージョンアップをされる際は、横着せずにバッテリーは満充電で実施しましょう。バージョンアップ後のファイルサイズはまだ計測していませんが、SDカードの撮影可能枚数表示は減っている様子はありませんでした。今度、ファイルサイズを確認してみたいと思います。
おつかれちゃんです。
















.

ソニー センサークリーニング

        DSC0082920150905.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
55mm f/5.6 1/250sec. ISO100 東京台東区 神田川浅草橋
















皆さん、センサークリーニングはされていますか? レンズ交換式の一眼レフでは、どうしてもレンズ交換時にチリやホコリが入りやすく、時々センサークリーニングが必要になります。キヤノンの場合はサービスセンターが新宿で、行きやすかったのですが、ソニーの場合は秋葉原のサービスステーションまで行かねばならず、私の場合は結構遠いんですよね。しかも秋葉原などに行った日には、ヨドバシカメラとかに、どうしても立ち寄ってしまうので、余計な出費をする羽目になることも少なくありません。ソニーの場合は、購入1年以内の保証期間内のセンサークリーニングは無料で出来るのですが、1年以上経つと3,240円(税込)かかる事になっています。そんな折、今回ソニーでは、α期間限定クリーニングサービスキャンペーンとして、11月30日まで、通常3,240円のところ、2,160円引きの1,080円でやってくれるという嬉しいキャンペーンがスタートされる事になったそうです。AマウントとEマウントのαシリーズ全機種が対象となるようで、保証期間の切れたαシリーズをお持ちの方は、今がチャンスの様です。広角レンズを使用した風景撮影などでは、絞り込んで撮影する機会も多く、そういう時にセンサーの汚れがそのまま写り込んでしまう事も少なくありませんので、こういうキャンペーンは大歓迎ですね。ただし、申し込みが多くなると、待ち時間の方も長くなるので、少し待つことになる可能性はありますので、早めに行かれることをオススメします。
私のNEXも、このキャンペーンの対象機種になっており、クリーニングしてみようかなと思います。でも、実際には、今、センサーと言うより、背面液晶のコーティングがボロボロになってしまっている事の方が気になっています。 ネットで調べてみると、NEXの背面液晶のコーティングは、特に弱い様で、多くのユーザーが、この症状に困っている様です。修理代も16,000円程度かかるそうで、同じくらいの価格で中古が購入できることを思うと、ホント、腹立たしい思いです。正直センサークリーニングどころではないかも知れません。
おつかれちゃんです。














.

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。