CP+ 2017 その2

DSC0998720170224.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/2.8 1/320sec. ISO100 CP+ 2017
















色々な意味で話題のあるニコンですが、今年の7月25日で創業100年を迎えるという事で、ブースにもかつての名機たちが展示されていました。ニコンの歴史を語るとき、やはり自分にとって欠かせない機種がニコンF2なのです。私は、この機種の後継機種となるF2フォトミックSを最近になって中古を買って持てる様になりましたが、まぁフィルム時代の憧れの機種でした。当時は、ニコンでの最上位の一眼レフが、名実ともに世界最高の一眼レフであり、圧倒的な存在感がありました。F2は、今見てもかっこいいデザインです。数年前、ニコンはDfというF2のデザインをモチーフにしたデジタル一眼を発売しましたが、最初はニュースを聞いて、ドキドキしたものの、発表会に行って、最終的にはその大きさを見て失望してしまった事を思い出します。 なんでデジタルになって当時のモデルよりデカくなるのか?という単純な思いです。デジタル化した時のメリットとして、小型化、低価格化という事だろうと思いますが、価格はともかく、大きさはもっと小さなサイズに世界最高峰を詰め込む製品にして欲しいという思いです。 若い世代の人たちも、もうミラーの有無には拘っていないと思いますが、ぜひ、ミラーレスで小型化させる事を考えて欲しいです。 マウントの大きさに比べ、ボディーサイズが小さくなると、バランスが悪くなるとか何とかいう人もいるかも知れませんが、このデザインコンセプトで、ミラーレスで小型化されたF2 miniなる製品が出てきたら、もう、サブ機でも何でも、買うしかないんだろうなぁと思います。 レンズにしても日本で最も古いレンズ製造を行ってきた会社であるにも関わらず、最近のニコンのレンズは、品質も良くなったのでしょうが、バカみたいにデカくて、とても買う気になりません。 もっと軽量で小型のレンズというのも、F2ミニに合わせて開発できないものなかという思いです。ライカが、その伝統を頑なに守っていますが、伝統ある会社にこそ、そういう設計思想を持つレンズの開発もやって欲しいという思いです。 当時のニッコールレンズ、マニュアルフォーカスですが、とっても良いですよ。今のコーティング技術だったら、もっと小型でも集光率の良いレンズを作れるのではないか?という思いです。 ニコンの業績回復について、色々な意見があるのでしょうが、若い商品企画の方に、100周年を期に、古きを訪ねて新しきを知る精神で、頑張ってもらいたいです。圧倒的な存在感を持つカメラやレンズがデジタル化されて、小型軽量になった。そういう尖った製品を作って欲しいです。
おつかれちゃんです。
















.

CP+ 2017 その1

DSC0998020170224.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/2.8 1/30sec. ISO200 CP+ 2017 ソニーブース
















今年もCP+に行ってきました。 大きなカメラ量販店でも展示されていない製品をじっくり確かめる事が出来たり、何よりプロのカメラマンの方々の貴重な撮影秘話などが聞けるセミナーに参加したりと、毎年、CP+の楽しみ方はだいたい決まっています。私が持っているのがソニーのカメラという事もあって、プロのカメラマンが、ソニーのαをどう使っておられるのかはとても気になるところですので、ソニーのセミナーはほぼ、すべての方々のセミナーに参加しました。セミナーの合間にあちこちを回るというスタイルです。今年、ソニーのブースはめちゃ広くて、ポートレイトコーナーなる、体験コーナーが作られていました。そこで撮影させてもらったのが、この写真です。レンズは私も持っている24-70mmF2.8GMだったのですが、レンズの左側のGマークの下についている、フォーカスホールドボタンには瞳AFがアサインされていて、ポートレイトでは顔認識された領域で、瞳AFが効いて、瞬間を逃さず素早くシャッターを切れるという体験をさせてもらいました。普段、フォーカスホールドボタンには、まさにフォーカスホールド機能を標準的にアサインしているだけでしたが、このボタンをもっと積極的に活用しようと思いました。
おつかれちゃんです。


















.

サン・サーベイヤー (Sun Surveyor)

        DSC0769220170101.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/6.3 1/400sec. ISO400 夜明け前


















間も無く夜明けを迎えようとするその時、太陽が、いつ、どこから顔を見せてくれるのか? 構図を決める上でとても重要な情報になります。そんな日の出マニア、日没マニア、マジックアワー大好きな方々に必須と思われる、私の3種の神器をご紹介します。

まず一つ目、サンサーベイヤー というスマホアプリです。このアプリは、スマホの3Dコンパスやカレンダーを利用して、指定した場所で、いつ、どの様に日が登り沈むのかを、実際にスマホのカメラビューやマップ、ストリートビューなどに重ねたバーチャル(AR)画像で太陽や月の軌道を表示させるアプリなのです。 実際にその場所に行かなくても、ストリートビューを使ったARで日の出や日没の場所や時間を確認する事もできますし、季節や場所によって刻々と変化するその場所を、事前に知る事ができる、とても便利なアプリなのです。 まさにマジックアワー愛好家(そんな人います?)にとっては、なくてはならないアプリと言えるでしょう。 このアプリは無料版と有料版があり、もちろん無料版からお試しで使われても良いと思いますが、まぁ、最初から有料版でもコスパを考えれば、写真家の皆さんなら、大納得できるアプリと言えるでしょう。
二つ目は、その日の天気が晴れていなければ意味がないので、お天気アプリも欠かせないアプリになりますね。
そして三つ目は、そこに行くモチベーションです。もしかしたら、この三つ目こそ、最も重要な要素になるのではないかと思っています。そういう意味では、重要度は、今日、ご紹介した順番の逆が正しいのかもしれません。皆さん、頑張ってマジックアワーをものにしましょうね。
おつかれちゃんです。

















.

世界のニコン

        DSC0781020170122.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/2.8 1/125sec. ISO4000 South Coast Plaza




















デジカメ市場はやや減速期を迎えている様ですね。ニコンは動画とミラーレスへの開発着手が遅れた事が、業績悪化につながったのでしょうか? ニコン、キヤノンの両横綱に、追いつけ追い越せと頑張っているメーカーも多い中、市場全体が盛り上がる事で、良い製品が生まれていくのだと思います。ニコンは、リストラなども行うに至っている様ですが、事業目的の初心に帰って頑張ってほしいという思いで、エールを送りたいです。
おつかれちゃんです。

















.

ニコン「DL」シリーズの発売中止

        DSC0780820170122.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
24mm f/2.8 1/125sec. ISO10000 South Coast Plaza




















昨年のCP+で発表され、その後6月発売と言われ延期が続いていた、ニコンDLシリーズですが、先日も、まだかなぁとレポートさせていただいていたばかりですが、その後、開発費の増加、市場減速に伴う販売想定数量の下落などを考慮し、収益性重視の観点から発売中止を決定した様です。これだけ聞くと、ふ〜んという話なのですが、開発中止、販売中止の英断をしたニコンに対して、本当によくぞ決断したという印象です。 こういうニュースを聞くと、ニコン大丈夫か?って思う人もいるかも知れませんが、こういう決定が出来るうちは、むしろ、会社が健全なのだと思います。
おつかれちゃんです。



















.

        DSC0778420170121.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/3.2 1/125sec. ISO250 Anaheim




















.

ソニー新製品発表

DSC0784920170205.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/7.1 1/125sec. ISO320 東京都 府中郷土の森



















ソニーが、CP+に向けて3本の新製品レンズを発表しました。噂のあった広角レンズはまだの様ですが、FE 100mm F2.8 STF GM OSSというGマスターレンズには注目したいですね。 今年のCP+は例年に比べブースレイアウトが大幅に変更になりました。まず、入り口が左右に大きく分かれ、そして例年、入り口すぐにあったソニーブースが奥に移動し、奥のパナソニックやリコーが手前に移動しています。ソニーブースは、ブース位置の変更に伴い、キヤノン以上の小間数に拡張させており、過去最大、かつ、今年の出展企業の中でも最大となる小間数を確保した様です。 ソニーブースのパースを見ている限り、セミナーコーナーも少し左右に拡張されている様で、最悪だった一昨年前のセミナーコーナーからすると、今回のセミナーレイアウトは良さそうです。相変わらず、望遠レンズコーナーの正面に壁、そして鷹が天井から吊るされぐるぐる回っているという伝統のレイアウトは健在の様ですが、壁はできる限り取っ払って、オープンな感じになるといいのになぁと思っています。いずれにせよ、楽しみです。
おつかれちゃんです。















.

針供養

DSC0783920170205.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/7.1 1/125sec. ISO1000 東京都 府中郷土の森





















寒気のせいで、各地で大荒れの天気になっている様です。東京では雪こそまだ降っていませんが、風は強く、めちゃ冷たいです。毎日すこしずつ暖かくなってくれる事を願っていますが、今月はもう少し寒さが続く様です。今日は針供養の日だそうですが、最近では針を使う場面は少なくなった気がします。
おつかれちゃんです。















.

燃梅

DSC0784620170205.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS SEL90F28G
90mm f/7.1 1/640sec. ISO100 東京都 府中郷土の森


















春が待ち遠しいですね。
おつかれちゃんです。
















.

枝垂れ梅

DSC0788120170205.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
16mm f/5.6 1/640sec. ISO100 東京都府中市



















まだ三部咲き程度ですね。
おつかれちゃんです。

















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。