瑠璃光院 その4

DSC0093720170504.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
16mm f/8.0 1/80sec. ISO400 京都八瀬大原 瑠璃光院


















瑠璃光院は京都の八瀬という少し離れた場所にあり、毎年、春と秋の特定の期間だけしか見る事が出来ず、拝観料も2,000円と他より高めの設定になっているからか、ある程度、観光客の方の数は限られている様に思います。しかしながら、私が訪れた時も2階だけで、写経をする方々が約20名、お庭を撮影をされる方々が20名で、それほど広くない空間に40名前後の方々が常時おられる様な状況で、皆さんがスマホで写真を代わる代わる撮影されていました。フォトジェニックな空間がある。という点や、簡単なものではありますが、自由に写経をさせてもらえる場所があったり、拝観料なりの体験はできると思います。拝観者が限られているので、このお庭を維持するには、拝観料を高くせざるを得ないのもある程度の納得感はあります。
私が京都に住んでいた時には、八瀬といえば比叡山のケーブルカーの途中駅だということと、京都では珍しい、八瀬遊園という遊園地のある場所という印象でした。昔、修学院に住んでいた親父と叡電に乗って、八瀬遊園に連れてきてもらった事を思い出します。 当時は、どちらかといえば、街中の喧騒から外れた、山奥・・・という印象だったのですが、今ではすっかり開発が進み、八瀬遊園は跡形もなく消滅し、リゾートホテルに変わってしまったのは、何だか寂しい思いがしています。ちなみに、このリゾートホテルが八瀬離宮と称している様ですが、京都で離宮といえば、それは桂離宮と修学院離宮の二つを指すものであり、八瀬であったり、ホテルであったりが離宮と呼ばれるのは、京都人からすれば、少し違和感を持たれるのではないかと思いました。
おつかれちゃんです。
















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。