太陽がいっぱい

        DSC0243220170924.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
17mm f/22 1/200sec. ISO400 EV-1 長野県南佐久郡小海町 白駒の池





















空の上には太陽が・・・、そして池の中にも太陽が・・・。池の中には波間に映り込んだ太陽が重なって写っていました。このソニーGMレンズは、逆光耐性も素晴らしく、フレアやゴーストが少なくて助かります。水が澄んでいるのが、写真でもわかるくらいですが、本当にすごい透明度でしたね。
おつかれちゃんです。




















.

登山用カメラバック

DSC0233620170924.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
16mm f/6.3 sec.1/640sec. ISO100 長野県南佐久郡小海町





















カメラバックといえば、私の場合、ロープロの製品を愛用しているのですが、そのロープロブランドをマンフロットやジッツォを有するVitecグループが買収したと発表された様です。カメラ業界も世代交代と市場縮小により再編が進んでいる様です。背景には中国メーカーの台頭と、まぁ、カメラ業界もお約束の展開の様です。日本ではもともとハクバ写真さんが扱われていて、すぐに何かが変わるということではない様です。 そういえば、ハクバ写真さんが開発されているGW-ADVANCEシリーズに、新たに33L版が発売されており、ちょっと気になっています。カメラバックは所有するカメラやレンズ構成以外に何を持っていくのか?によって、その大きさや形状を変える必要があるのですが、撮影地が山奥だとか、ある程度山道の歩きが行程に加わる時には、登山用のバックパックなどが便利だと言われており、そういう意味ではなかなか、コレというのがないのですが、このGW-ADVANCEシリーズは、そういう意味で、登山用のザックにカメラを収納できる便利なバックになっています。バックばかり買っても意味がないのは重々承知しているのですが、気になっております。
おつかれちゃんです。





















.

白駒の池

DSC0238220170924.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
17mm f/16 30sec. ISO50 長野県南佐久郡小海町 白駒の池





















山の上にある池ですので、水はとても澄んでいます。さざ波の合間に見える水の透明度に感激。
おつかれちゃんです。



















.

行楽日和

        DSC0237220170924.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
16mm f/22 1/60sec. ISO100 長野県南佐久郡小海町 白駒の池





















澄み切った青空、すっかり天気は回復し絶好のハイキング日和となりました。街中と違って空気が美味しいですね。
おつかれちゃんです。




















.

白駒の池

DSC0236620170924.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
16mm f/8 1/250sec. ISO100 長野県南佐久郡小海町 白駒の池























長野県の白駒の池まで行ってきました。池の水の透明度がすごくて、風のない日には綺麗なシンメトリーが見られるとの事でしたが、あいにく風が強くて、水面は常にさざ波が立っており、思った様な情景を写し止めることはできませんでした。池の周りは約35分程度で回る事ができるとの事で、ゆっくり撮影しながらだと1時間少しかかりましたが、とても気持ちのよいハイキングコースだと思いました。周辺ではキャンプ場などもあり、お弁当を持っていくとさらにゆっくり楽しめる気がしました。また、池から小一時間歩くと、高見石小屋という高台にたどり着き、そこから360度のパノラマ絶景が楽しめるそうです。駐車場は約100台程度は止められるのですが、天気の良い日は、少なくとも9時頃までに到着しないと、満車になりますので、注意が必要です。
おつかれちゃんです。


















.

お彼岸

DSC0008620170311.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/250sec. ISO100





















彼岸の中日が過ぎましたが、お墓まいり、行かれましたか? お彼岸は太陽がちょうど真東から昇り、真西に沈んでいく日であり、あの世と最も通じやすい日だとも言われています。この前後1週間にお墓参りをする風習が生まれたという事ですが、天文学的にはこの日を境にいろいろな事が変わっていく折り返し点でもあります。何事も良い方向へ変わると良いですね。
おつかれちゃんです。



















.

風景写真のシーズン

DSC0231720170903.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
16mm f/5 1/1000sec. ISO100 長野県茅野市北山付近からの眺望





















今週は台風一過となり、直後は夏の暑さが少し戻ってきた様な日もありましたが、やはり朝晩は相当寒く、日中は暑いとはいえ、さすがに半袖は厳しくなってきました。空気も乾いてきており、いよいよ風景写真のシーズン到来にワクワクしています。
おつかれちゃんです。




















.

光の波紋

        DSC0231320170903.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
35mm f/22 1/160sec. ISO100



























.

光と陰

DSC0127820170528.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/1000sec. ISO400






















衆議院解散総選挙が行われるとの事で、安倍政権は消費税を10%にするという争点を掲げるという事です。欧州の主要国はほぼ20%以上の付加価値税がかけられていることを思えば、10%は少ない方だとも言えますが、そもそも、消費税を上げる理由があるのか?という思いです。消費税が上がるほど、所得が増えていないとするならば、景気は間違いなく後退するでしょうし、経済が強くなければ何もできなくなってしまうという懸念の方が正直、大きいです。北朝鮮のミサイルを迎撃するための武器でさえ、今の予算で配備できるのかもわかりませんし、そう考えれば、オリンピックで浮かれている場合でもありません。話は脱線しますが、もはやオリンピックは、経済の強い国でしか開催が出来ない規模になりました。日本が1964年以来再びオリンピックができるのは喜ばしいことではありますが、それもこれも、経済力があるから、ということに他なりません。経済力を強くするためのアベノミクスに多くの方々が賛同し、安倍政権が最近では珍しい長期政権になっていますし、それ以上の経済政策を出さない限り、野党が政権を取る事も難しいでしょう。学校の問題でワイワイやっている野党に魅力を感じる人は少ない。という事です。しかし、消費税増税を掲げる安倍政権には、学校の問題以上に不安を感じます。どこかの政党が消費税を5%に戻し、消費の拡大を行って経済力を強化し、ミサイル防衛に備えます。という様な政党が現れたら、一気に心が奪われそうです。 外れっぱなしの東海沖地震への地震予知や火山噴火みたいなものに、予算を割いて、教授連中の無駄な会合に使っているくらいなら、現実的な脅威に備えるべきなのは明白です。
政治ネタは敬遠される方が多いので、あまり取り上げたくはないのですが、最近の政治がワイドショー的ネタばかりが出てきている現状、テレビや新聞の偏向報道を見ても、なんとかならんものか、という思いです。
おつかれちゃんです。





















.

サイクリングロード

DSC0226620170903.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / SONY FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM
16mm f/8 1/125sec. ISO100



















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。