未来が見える

DSC0124320150214.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
横浜市・みなとみらい














CP+の帰り道、もうあちこちで撮影会が行われています。という事で、せっかくみなとみらいに行ったので、バレンタインデーでカップルだらけの情景を・・・。
おつかれちゃんです。













.

Comment

Desire | URL | 2015.02.15 10:12 | Edit
横浜は盛り上がっているんですね~
広角でトリミングするってどなたかがおっしゃったとあった気がしますが
広角はトリミングしないからいいと思ってます
18mm、超広角の部類ですが、Leicaレンズのすばらしさはその大きさと歪みのなさ
まさにそれがこの一枚で体現されてますね
日本のAFカメラではこう写ることはないでしょう
私Cの16-35mmなんて持ってましたが歪みがイヤで全然使わなかったですから
あ、デジタル補正される4/3機とかはまっすぐ写る感じがしますが…
実に広角らしいステキな一枚です
sakayo | URL | 2015.02.15 16:51 | Edit
> Desire さん
おっしゃる通りです。ただ、言われたのは、広角はトリミングによって画角を狭める事が出来るが、標準レンズの画角は広角化させる事が出来ない。という、大は小を兼ねる。的な発想のお話でした。 キヤノンに限らず、20mm以下だとどうしても歪曲もしますし、周辺は特に歪みが激しくなりますよね。歪むだけではなく、色ムラや色かぶり、ぼやけなど、興ざめしてしまう広角もある様です。
このLEICAの18mmも周辺では、情景によっては色かぶりが見える時がありますが、それですら、結局このレンズの「味」として受け入れられるから不思議です。それとLEICAのこのスカッと感は只者でないレンズの真の実力だと思います。モノクロだと優しいグラデーションを描いてくれる良いレンズだと思います。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。