ライカ Leica M-A (Typ127)

        DSC0138620150221.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.













カメラに本当に必要な機能だけを持たせると、それはライカMになる。と言われているほど、ライカのMシリーズは完成されたカメラなのだと思います。昨年、ドイツに行った時に、フランクフルト市内にあるライカブティックで、これまたドイツのカバンメーカーのリモワに入れられたライカ100周年モデルとレンズ3本のセットを見る事ができました。もちろんその時に限定品だったそれは、価格もまだ決まっていないし、(まぁ仮に決まっていたとしても)買えるものではなく、「ふ〜ん」という感じでした。ところがところが、昨年の秋のフォトキナでひっそりと「ライカM−A」として、それが限定ではなく通常の製品ラインとして発表され、昨年末に発売になったのでした。シルバーとブラックが用意されているのですが、シルバークロームバージョンの方のトップカバーだけに「Leica」のあの筆記体のロゴが刻印されているのです。しかもライカは、この機種に合わせる様にMレンズのシルバーバージョンも発売し始めたのです。こりゃぁ、もうシルバーを選ぶしかないんじゃないのか!? そやけど、今持ってる俺のレンズ、全部ブラックやぞ! ・・・何だか自分だけ盛り上がっている気がしていますが、今時、デジタルではないフィルム式のカメラを新発売するなど、普通のカメラメーカーではちょっと考えられないのですが、そこはライカ「有り」なんです。今でも、50年も60年も前のフィルム式のライカが中古市場を賑わせていますが、そんな中古人気も背景にあってか、フィルムカメラであっても、やや満を持して新発売した。という感じすらします。このライカ100周年&Mシリーズ60周年の記念モデルとして発売されたM-Aは、コンディションにばらつきのある中古品のライカとは違って、60年前と同じ機能を持つカメラを 今、完全な新品で手にする事が出来る涙ものの製品で、買いたい候補の一つに十分なりうるカメラだと思っています。普通、ここまで説明したら、このM-Aの写真の一つでも出す所ですが、持ってないから出せないんです。一応、リンクは貼っておきます。という事で、今日はこの辺にしておきます。つまり詳しくはウエブで・・・って事ですね。  ライカLEICA M-A (Typ127)
おつかれちゃんです。













.

Comment

Desire | URL | 2015.02.25 21:35 | Edit
こんばんは
これはもうシルバーですよね
私はほぼフィルム未経験なので買っても絶対コレクターズアイテム化するので買いませんけど(^^;
しかし、Leicaという商品は価格以外は本当に魅力ありますね
sakayo | URL | 2015.02.26 21:35 | Edit
> Desire さん
はい。もう、シルバー選ぶしかありませんね。
それでも、Leicaは昔に比べると安くなったのではないでしょうか?
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。