フィルムカメラの魅力

DSC0164520150315.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
Leica IIIf with Elmar 5cmF3.5















ソニーのフルサイズミラーレス、α7シリーズでオールドレンズを楽しむ方々が増えているという話は前から聞いていましたが、最近でもその傾向は続いているようです。そもそも小型化を目指しているはずのミラーレス一眼で、わざわざ35mmフルサイズの大きなセンサーまで必要なのか?という議論もありましたが、広角好きの私としては、焦点距離X1.6倍しなければいけないAPS-Cサイズだと画質ではなく画角の問題の方が大きく感じます。また。オールドレンズを楽しむという事は、ほとんどのオールドレンズが35mmを前提に設計されていて、同じ条件で撮影しようとすれば、やはりフルサイズセンサーを持つデジカメを選ぶという事になると思います。フルサイズセンサーを持つデジカメは結構たくさんあるのですが、どれも結構なデカさのカメラになるのです。それをさらにミラーレスなど小さくまとめているのはどれか、と絞っていくと、もうソニーα7かライカMくらいしか残らないのです。びっくりする位、選択肢が減ります。でも、そう考えてフィルムカメラを見てみれば、そのほとんどが35mmフルサイズフィルムフォーマットのカメラで、選択肢はぐっと広がるのです。

一方、レンズの方も、オールドレンズの場合は、レンズが曇ってたり、条件はデジカメ性能に合わせコーティングなどが施された最新レンズと比べるとコンディションの悪いものが少なくありません。なので、オールドレンズは、画質が良くない、周辺光量落ちる、色かぶりが・・・と批判されがちです。でも、それがオールドの「味」なんだと思えば、満足度は最新のレンズで撮ったのと変わる所がありません。何より価格が安い。もちろん中古だからという事もありますが、ライカのレンズであっても数万円程度出せば、程度の良い中古があります。オールドレンズを最新のフルサイズのデジカメで使う魅力がここにもあります。ただ、そうやってデジカメで撮っていても、最終的に結局オールドレンズは「フィルムカメラ」で撮るのが一番と思えるようになってきます。そこには画質や周辺光量、色かぶりなどを超えたものがあるからです。デジタル全盛の現代にわざわざフィルムカメラなど持ち出す必要など全くないのですが、それでも私がフィルムカメラを使いたくなる理由というのがこういう、スペックや画質を超えた、感覚的な事だったりするのです。
おつかれちゃんです。














.

Comment

かず某 | URL | 2015.03.21 11:03 | Edit
おはようございます。
フィルムでの撮影はやはりカメラの事や他の様々な知識が無いと素晴らしい作品は出来ないと思います。
なので、私は踏み込めないんですよね。
サウンドにおいてもデジタルとアナログがよく比較されますが、写真もきっとそうなんでしょうね〜。
何かが違うのだと思います。
高兄 | URL | 2015.03.21 19:42 | Edit
sakayoさん、こんにちは

ライカの風格

かっこいいですね、全体のデザイン

α7Ⅱ

旅行とかに持っていけたら、やっぱり、良いだろうなぁ~

まあ、私、当分、買えませんが^^;
sakayo | URL | 2015.03.22 08:50 | Edit
> かず某 さん
私も最近になって、ニコンF2を買いましたが、やはり重たいので持ち出して撮影するのは億劫、ただ置いてあるだけでした。
ライカを買ったら驚くほど軽いので、それで持って出たくなる。そんな感じです。
同じライカでも露出計付きのものを勧める人もいますが、便利なのは最初だけで、結局は、露出計も何も関係ないと思います。
コメントありがとうございました。
sakayo | URL | 2015.03.22 08:56 | Edit
> 高兄 さん
ライカIIIfというバルナック型ライカはMシリーズと比較してそれほど高いオールドカメラではありません。
うまくすれば、レンズ付きで5~6万も出せばオークションでも買う事が出来る希少なライカと言えます。
α7IIの方は、手ぶれ補正、本当に良い機能だと思います。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定


当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。