望遠レンズ不要論

DSC0264820150618.jpg
SONY α7II ILCE-7M2 / Canon EF100mm F2.8L macro IS USM














今日はライカ銀座にハービー山口さんのお話を聞きに行きました。ハービーさんのお話は以前にもお聞きした事がある内容で、新たな発見というお話は聞けなかったのですが、会場には新製品のLeica Qがあり、皆さん思い思いにチェックされていました。フルサイズミラーレスの24MPのコンパクトカメラ、やはりこだわりの製品なのだと思います。 そのLeica QにもSONYのデジカメではおなじみの超解像ズームもあって、Leica Qはレンズ交換は出来ないまでも焦点距離を変えることができるという画期的な機能が付いていてなかなか良く考えられていました。この機能はクロップということなのですが、高画素になればなるほど、倍率を上げることが可能な技術です。今後、画素数がどんどん上がっていけば、この超解像ズームというのは、デジタルが相当なアドバンテージを持つ事になるでしょうね。高解像度+手ぶれ補正の行き着く先は、もはや望遠レンズ要らず、という世界なのかもしれません。デジタルがカメラを変えていく、そして、デジタルはレンズをも変えていく、そんな未来がすぐそこまで来ている感じがしました。
おつかれちゃんです。













.

Comment

Desire | URL | 2015.06.24 22:17 | Edit
LeicaQ評判いいですね~
ちょっと欲しくなりました
ハービーさんネタを変えなかったんですね
それは残念です
そのへんプロらしく変えて欲しいものだと思いました
sakayo | URL | 2015.06.25 04:55 | Edit
> Desire さん
まぁ、ハービーさんの講演はそういうものだ、という事だと思います。
Leica Qは、フルサイズだけど小型、レンズは明るい。という有りそうでなかった機種ですね。
こういう製品は、ライカか、ソニーからしか出ない気がします。
コメント有難うございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。