α7RII の起動時間

        DSC0053320150815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/4.0 1/60sec. ISO400 京都大原・寂光院 鐘撞堂付近













α7シリーズの起動時間について、α7発売当初、掲示板ではソニーは結構遅い。という話が出ていました。私も一番最初にキヤノンからα7Rに買い替えた時、あれ?ちょっと遅いなぁと感じましたが、その後の何回かのファームウエアのバージョンアップで改善されてきた様です。そして今、α7RIIになって、その起動時間はα7シリーズの中では最速になっているのではないでしょうか? 自分が慣れたという事もあるかもしれませんが、すでにa7IIの時には気にならなくなっていました。最近、掲示板で起動が遅いと聞かれなくなったのは、バージョンアップによる改善があったからだと思います。で、今日、α7RIIで、改めて実測してみることにしました。設定としては、すべての情報を画面に表示させる状態にしています。電池を抜き、再び電池を入れて電源投入した時には、画面が表示され、すべての情報表示になるところまで約4秒かかりました。やや遅い感じもしますが、以前のバージョンよりは早くなっていますし、これは電池を交換した時だけの問題ですので、そこまでシビアに問題視するほどの時間ではないと思っています。そして、通常の使い方となる様に、今度は電池を抜かず、そのまま電源オンにした場合は2秒とかからず撮影可能な状態になりました。 私の普段の使い方として、なるべく電池消耗を抑えるために、こまめに電源を切る様にしていますが、電源を一回でも入れたあとの起動時間は、2秒とかかりませんので、撮影でのストレスを感じることはありません。また、電源を切っていなくて、自動パワーオフになったあとの、シャッターボタン半押しでの再起動も、同じく2秒弱で撮影可能です。この起動時間は純正のレンズでもライカレンズでもほぼ同じです。もっとも、ライカの場合はマニュアルフォーカスですので、起動直後に即、シャッターは押す様な撮影はしませんので、全く気になることはありません。純正レンズであれば、すぐにフォーカスが合焦してシャッターが切れますので、少なくとも電源投入後約2秒で、もうシャッターが切れている。という感じでしょうか。フィルムカメラだとシャッターを押す前に、フィルムの巻き上げやピント合わせなどで、シャッター切るまで数秒かかるのが普通だったのに、今やそれが瞬間的に行われる様になっているのには、隔世の感を覚えますね。
おつかれちゃんです。













.

Comment

Desire | URL | 2015.08.31 19:42 | Edit
なるほど、起動は結構早めになったんですね
了解です
これで後はカメラAPPで多重露光が対応してくれればもう間違いなく買うんですけどね…
某巨大掲示板では対応予定なしとのこと
うーん、踏み切れないのがこの点だけなんです
sakayo | URL | 2015.08.31 20:07 | Edit
> Desire さん
そうでしたね。しかし不思議ですね。
Play Memoriesの「多重露光Apps」はα7RM2以外のα7シリーズ全部に対応しています。
α7RM2に絶対に対応しないというものではないと思います。対応機種が増えると良いですね。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。