α7RII のRAWファイル

        DSC0055820150815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/5.6 1/60sec. ISO500 京都大原・寂光院 山門














今日で8月が終わりますが、お盆休み以降、関東地方では急に肌寒くなって、もう秋か?と思わせるほど涼しく(時折寒く)なってきました。皆さん体調管理にはご注意ください。という事で、今日も夏休みに撮った寂光院での写真なのですが、ここ数日、似たような写真ばっかりで、ホント申し訳ないです。

さて、α7RIIのRAWファイルですが、アドビはカメラRAWでとっくにα7RIIのファイルを読める様にしているのに、Lightroom5では新型カメラRAWへの対応をしない様で、α7RIIのRAWを読むためには、Lightroom6にしなければならない。という意地悪商法をやっている様です。 結局、仕方なくLr6にしたのですが・・・、まぁ結果的にはバージョンアップして良かったというのが正直な感想です。

そこで、今日はLr5とLr6でα7RIIのRAWファイルの読み込み以外で、何が進化しているのか、というのを説明しておきたいと思います。まずは「HDR合成」言わずと知れた明るさ三段階分の写真を自動合成してくれる機能です。合成後のファイルもRAWのまま生成されるので、その後の修正も強力です。次が「パノラマモード」で、この機能は例えば縦写真を数枚平行移動させながら撮影したものを、Lrでつなげて横写真にするというものです。撮影状態によっては16mm以上広角な画角で撮影した様な写真が生成されます。三脚不要、手持ち撮影でも綺麗に合成してくれるので、使いこなせれば、広角レンズ要らずの機能だと言えます。合成後のRAWファイルもやはりRAWで生成されます。そして、三つ目は「顔認識機能」で、ライブラリー管理の時に、同一人物の顔で自動的にカテゴリーが出来上がるという便利なものです。ポートレイト中心の方にとっては、夢の様な機能ですね。四つ目は「GPU活用機能」で、これまではグラッフィックボードを搭載していても、それを現像などで活用させる事が出来なかった様ですが、今回のバージョンから、GPUを使った高速処理が可能になりました。私のマックもアップルストアでGPU最強にしているので、めちゃ処理が早くなりました。五つ目が「強化されたフィルター機能」で、これまで以上にフィルターを細かく使える様になりました。私はこれらの機能の中で「高速処理」というのが最もありがたい機能でした。高画素になればなるほど処理速度の負担が大きくなって、データ読み込みにもすごい時間がかかっていたのですが、あっという間に終わる様になりました。200〜300枚程度のRAWファイル取り込みに、2〜3分かかっていたのが、約15秒程度で済むのが嬉しいですね。バージョンアップして良かったです。
おつかれちゃんです。













.

Comment

Desire | URL | 2015.08.31 19:43 | Edit
LR6もなかなかいいようですね
私はLeicaMに付属したLRをDLしていないのでそろそろ只でDLしようかと思います
使い勝手も良さそうですし今晩試してみます
sakayo | URL | 2015.08.31 20:10 | Edit
> Desire さん
そうですね。LeicaにはLrが標準装備されているのですよね。
Lr6は見た目は変わらないのですが、速度は向上していますので、サクサク気持ち良いですね。
コメントありがとうございました。
Yukari | URL | 2015.09.01 13:04 | Edit
ご無沙汰しております〜。
Sakayoさんの記事をよんで、私もバージョンアップしました。
いつもお知らせが来るんですが、面倒で後回しにしていました。。
今、ダウンロード中です。
サクサクいけるのですね、楽しみだなあ♪
sakayo | URL | 2015.09.01 17:45 | Edit
> Yukari さん
おっと、バージョンアップされましたか。サクサク行ってますでしょうか?
アドビは、このバージョンアップをver.5ではやらないというのですから、商魂たくましい会社です。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定


当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。