Zeiss Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

DSC0023620150814.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/5.6 1/320sec. ISO100 伊勢神宮 内宮 宇治橋














LeicaのSummilux 35mm F1.4の使用頻度が高いのは周知の通りですが、実はカールツァイスからも35mm F1.4のFEレンズが発売されています。昨日、α7SIIの発表があった事を書きましたが、同時にキヤノンからは、やはり35mm F1.4のEFレンズも発表されました。この35mmの画角では、どのメーカーも一押しのレンズが投入されている人気の画角と言えます。Zeissは8群12枚のレンズ構成で非球面レンズ3枚使用のT*コーティング付きというゴージャスな作りです。一方キヤノンも17年ぶりとなるリニューアルで11群14枚、非球面レンズ2枚を使用した構成になっていて今回UDレンズ後継となる新開発のBRレンズを搭載しているとの事です。ツァイスは630g、キヤノンは760gで、キヤノンはツァイスの1.2倍の重量になっています。今はSummiluxを使用しているので、あまり必要性は感じませんが、もし買うなら、もちろんEマウントである事が条件なのですが、やはり設計思想として軽量化を目指しているツァイスに軍配があがります。
非常に高価な部類のレンズになりますので、いつかは使いたい。というレベルですが、本当に機会があれば使ってみたいですね。
おつかれちゃんです。














.

Comment

Desire | URL | 2015.09.17 23:32 | Edit
35mm以下、本当に好みなんですね

35mmって奥が深い

各メーカーの重要な焦点なのですね
sakayo | URL | 2015.09.18 22:53 | Edit
> Desire さん
35mmの焦点距離のレンズを使って、35mmのフルサイズセンサーで撮る。
写真には35mmという数字がよく似合うと思っています。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。