Zeiss Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA その2

DSC0005920150813.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/160sec. ISO100 伊勢市 夫婦岩














忘備録のために書かせてください。下記は、各社の 35mm F1.4 の重量比較です。ライカレンズの軽さは、やはり際立っています。

511g (320g Leica Summilux 35mm F1.4 + 191g マウントアダプター) 5群9枚
630g (SONY/Carl Zeiss FE 35mm F1.4) 8群12枚
760g (CANON EF 35mm F1.4) 11群14枚

もちろん、レンズの枚数から言えば、枚数の多いキヤノンレンズが重いのは当然なのですが、これはある意味、デジタル一眼レフをシステムの核に持つキヤノンならではのレンズ構成なのでしょう。そもそもミラー有りのアナログファインダー式のカメラ主体であるEFマウントと、ミラーレスで電子ビューファインダーのEマウントでは、専用レンズの設計の基本部分から異なっており、比べる事に無理があるのでしょう。ライカレンズはオートフォーカスやスタビライザーも搭載されておらず、その分、軽量化が可能なのでしょう。いずれにせよ、軽いが故のマイナスポイントもあるわけですが、写りの違いや機能面と、軽量とのトレードオフです。どう考えるかです。もう一段暗いF2.0以上の明るさで良ければ

120g (SONY/Carl Zeiss FE 35mm F2.8) 5群7枚
220g (LEICA 35mm F2.4) 4群6枚
335g (CANON EF 35mm F2.0) 8群10枚

という選択肢があります。F2.8という事もありますが、SONY/Carl Zeissが、軽量という意味では群を抜いています。Carl Zeissは、この中では最も最近開発された製品で、T*コーティングもされていて、写りも問題無しです。α7Rを購入したばかりの時、最初はメタボーンズにEFレンズを装着したりして使っていましたが、Carl Zeiss FE 35mm F2.8 を購入してからは、軽量化こそ正義だと思う様になってしまいました。そういう意味では罪なレンズだと言えます。
おつかれちゃんです。












.

Comment

かず某 | URL | 2015.09.16 21:42 | Edit
こんばんは^^
ズミ35はやはり憧れのレンズ。
素晴らしい描写だといつも見ています。
このモノクロ写真は本当にすばらしいですね。
実際、ここには何度も行ったことがあるのですが、その時の空気感というか臨場感を思い出します。
高兄 | URL | 2015.09.17 19:54 | Edit
sakayoさん、こんにちは

やられた~

凄い画、構図ですね~^^

確信犯的構図

勉強になります^0^
sakayo | URL | 2015.09.18 22:47 | Edit
> かず某 さん
ここは小学校の修学旅行の定番でした。まず京都の小学生にとって海である事も珍しくて
あぁ、これが旅行って奴かぁと体現する場所でもありますね。
コメントありがとうございました。
sakayo | URL | 2015.09.18 22:48 | Edit
> 高兄 さん
もう、お約束すぎて申し訳ないくらいです。
夫婦岩というと、この写真しか思い浮かばない位、ど定番な構図で恥ずかしいです。
コメントありがとうございました。
高兄 | URL | 2015.09.18 23:10 | Edit
sakayoさん、再び、こんにちは

>夫婦岩というと、この写真しか思い浮かばない位、>ど定番な構図で恥ずかしいです

いえいえ

夫婦岩は、勿論ですが

背景の構図の位置が、本当に極まってます

素晴らしいです^^
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。