アップル 新OS El Captain

DSC0058520150815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/320sec. ISO100 京都 円光寺














10月1日から、Macの新しいOSX El Captainが公開されました。アップデートの時間は結構かかりましたが、バージョンアップしてみました。身近で最も変わったと感じたのでは、文字入力です。スペースキーを押さなくても自動的にどんどん変換されていきますので、ほぼ文字だけを打ちっぱなしでどんどん漢字変換されていきます。多少の誤変換を気にせずに打ち続けていると、文脈を理解して誤変換された漢字も後から後から正しく置き換わっていきます。キーボードの環境設定を調べてみると「ライブ変換」というのにチェックが入っています。チェックを外すとこれまでの様な感じでスペースキー変換に戻ります。せっかくの機能なので、使う事にしようと思いますが、会社ではウィンドウズを使っていますので、このままライブ変換に慣れてしまうと怖い様な気がするのですが・・・。
それと、システムフォントが、スッキリとなりましたが、少し小さくなってしまった様で、特に英文フォントがより小さくなっているのにはバランスが悪くなった気がします。システムフォントサイズを変更する方法は、ない様で、それだけが少し困った感じです。ただシステムフォントのヒラギノ角ゴシックは、太さがより細かく選べる様になって、パワーポイントなどでよりわかりやすい表現が可能になったのは嬉しいですね。ただしこちらも最近パワポは、会社で、グーグルドライブのプレゼンシートを使用する事が多いので、フォント選びはグーグルに依存している感じです。
おつかれちゃんです。














.

Comment

g00day | URL | 2015.10.03 15:57 | Edit
窓枠のボケが写真というより絵画で表現しているようなにじみ方で見入ってしまいます。

私はまだですが、iPhoneも新しくしたのでアップデートしてみようかと思います!
全体をみて修正するライブ変換・・・楽しみです。
sakayo | URL | 2015.10.04 07:23 | Edit
> g00day さん
一応、ライブ変換を信じて打ちっぱなしにしています。
次から次へと変換されていく様を見ると、自分のこれまでのスペースキー変換の頻度は、すごく多かったんだなぁという思いです。
目からウロコが落ちる感じがします。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定


当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。