京都円光寺その4

        DSC0063520150815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Super-Elmar-M F3.8/18mm ASPH.
18mm f/3.8 1/60sec. ISO125 京都 円光寺
















一眼レフやミラーレス一眼では、レンズ交換が可能だという事が、一つの大きな特徴になっています。私は、少し前からレンズ交換用に「GoWing」のレンズホルダーを使用しています。これは交換レンズを首からぶら下げて交換することが出来るフォルダーで、交換時にもしもの落下事故などを未然に防ぐことも可能です。このフォルダーは見ればすぐに分かりますが、両側にレンズを到着しておくことが出来るのですが、普段の使い方としては、片側のみに使用頻度の高いレンズをつけて、もう片側は空けておくという使い方です。まず空いた片側にカメラから外したレンズを取り付け、その後、反対側のレンズを外してカメラに装着する。と言う流れになります。慣れれば空いた方にレンズをはめると同時に、反対側のレンズを外す事もできるようになります。ズームレンズであればこのようなフォルダーのお世話になる事も少ないのでしょうが、幾つかの焦点距離の単焦点レンズを使うとなると、どうしてもレンズ交換の頻度が高くなりますので、そういう方には特にオススメの一品です。実は、私が買った時にはフォルダーのキャップが付属しておらず、別で購入する必要があったのですが、この度、このキャップが付属するようになって、ますます使い勝手が向上したというニュースを聞き、ご紹介することにしました。私はソニーですので、E-Mount用を購入しましたが、キヤノンEFマウントやニコンFマウントなど色々と揃っているようです。おすすめです。
おつかれちゃんです。















.

Comment

かず某 | URL | 2015.10.09 23:06 | Edit
こんばんは!
使っておられるのを見て凄く欲しくなっています。レンズ交換、、楽ちんのようですし・・。
広角での近距離撮影。
この構図が何とも言えません!
sakayo | URL | 2015.10.11 15:09 | Edit
> かず某 さん
そうですね。広角レンズの場合は意外と被写体に近い位置からの撮影になりますね。
レンズ交換時には本当に便利なアイテムだと思います。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定


当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。