高画素機の宿命 その5

DSC0046320150815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/5,6 1/200sec. ISO100 京都 蓮華寺














このソニーα7R MARK2には、5軸の手ブレ補正機能が搭載されています。手ブレ補正のないオールドレンズなどでも手ブレ補正が効くのはありがたいです。特にピント拡大でフォーカスを合わせる時に、被写体がピタッと止まっていて、狙い通りのフォーカスができるのが素晴らしいです。 一方で、三脚を使用しての撮影の場合は、この手ブレ補正が誤動作してブレた写真になってしまう場合がありますので、三脚使用=手ブレ補正OFFは忘れない様にしたいですね。これは、カメラ本体内の手ブレ補正だけでなく、レンズに手ブレ補正機能が搭載されている場合も同様で、手ブレ補正機能を無効にしておく必要があります。高画素機で高解像度の写真を撮る場合のお作法は、基本に忠実に。という事でした。
おつかれちゃんです。















.

Comment

Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。