Mレンズ オートフォーカスマウントアダプター

        DSC0354720160131.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH.
35mm f/1.4 1/50sec. ISO1600 横浜ラーメン博物館にて


















朗報です! これまでsonyalpharumorsで噂されていた、マニュアルフォーカスのライカMレンズをオートフォーカス化させるという、仰天のマウントアダプターが、遂に発売になる様です。中国のマウントアダプターメーカーTechartの「Techart PRO Autofocus adapter」というオートフォーカスマウントアダプターです。基本的な仕組みは、Mマウントアダプターのバヨネットをモーターで伸縮させる事により、レンズの鏡筒自体を前後させて、焦点を合わせるという、驚きの方法でオートフォーカス化させる様です。同社のホームページによると、対応機種としては、α7IIとα7RIIと互換性があり、それ以外のα7、α7R、α7S、α7SIIにはお勧めしないとあります。α7IIとα7RIIの5軸手振れ補正の焦点距離設定にも対応しているとの事で、この焦点距離の通信における互換性の関係で、α7IIとα7RIIの2機種に対象機種を限定しているのかもしれません。そして、肝心のフォーカスモードについては、AF-S(シングルAF)とAF-C(コンティニュアスAF)の両方に対応。日本発売は、まだアナウンスされていませんが、同社のホームページでは、すでに予約も始まっています。価格は、先行予約は送料無料の$349で、3月から、香港、米英の各倉庫から発送開始するそうです。この製品の日本総代理店は名古屋の焦点工房さんですが、間も無く開催される、CP+への出展もないようで、しばらく試す事が出来なさそうです。とにかく早く試してみたいものです。それまでは、すでに多くのテスト画像がYouTubeに上がっている様ですので、ググってみてください。
おつかれちゃんです。

















.

Comment

かず某 | URL | 2016.02.13 22:18 | Edit
こんばんは!
セピア色の御写真が被写体にマッチしますね。
とっても情緒溢れる御写真。素晴らしいです。

ライカレンズをAF化させるマウントアダプターって、、、凄すぎますね!!!!
是非、触りたいです。そして、、良ければポチッとしなきゃ、、、って思っています。(笑
sakayo | URL | 2016.02.14 07:48 | Edit
> かず某 さん
メタボーンズと比べ、同等もしくは少し安い設定になっていますので、日本価格は5〜6万円という価格になりそうですね。
映像を見ると、結構モーター音がデカいという印象です。いずれにせよ、実機で確認してみたいところです。
コメントありがとうございました。
Desire | URL | 2016.02.14 11:00 | Edit
これ凄いですが、精度はどうなのでしょうね?
どうもMFで使った方がはやい様な気がしましたが
可能性という点では面白いモノを創りましたね
セピア、気に入ったのですね
高兄 | URL | 2016.02.14 12:14 | Edit
sakayoさん、こんにちは

カメラの世界も

デジタルになってから、より、速足になってきてますね、しかも、便利に

お財布との、相談は、必要ですが^^;
sakayo | URL | 2016.02.14 12:27 | Edit
> Desire さん
精度は、カメラ側の焦点認識精度次第でしょうから、他のレンズと同等だと思います。
最近、目が悪くなったので、ピント拡大機能を必ず使っていますが、その動作の短縮だけでもシャッターが早くなると思っています。
コメントありがとうございました。
sakayo | URL | 2016.02.14 12:35 | Edit
> 高兄 さん
まさに、そこが問題です。
技術の進歩は良いのですが、なにせ、お金がかかると言うのが、悩みの種ですね。
もう一つ、ヘリコイド可変で、最短焦点距離も縮まるとすれば、言うこと無しなんですけど。
コメントありがとうございました。
Comment Form
公開設定

Profile

sakayo

Author:sakayo
.

訪問いただき、ありがとうございます。
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。