フォトキナ2016の注目製品

        DSC0626220160815.jpg
SONY α7RII ILCE-7RM2 / SONY FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
70mm f/5.6 1/125sec. ISO800 京都市善峯寺にて




















ソニーはフォトキナの前日に行われるプレスカンファレンスで、Aマウント機のフラッグシップモデルとしてα99 Mark II を発表した様です。画素数は4,240万画素、さらに5軸手振補正も装備されていて、基本的にはα7R IIと同等のスペックのAマウント機の様・・・・かと思いきや、何と、AF/AE追従の約12コマ/秒連写だとか、LCDモニターの角度調整の自由度も向上していますし、メモリーカードスロットもダブルになっていて、何気に使い勝手はα7RIIより向上している様です。これだけ見るとソニーいよいよ仕上げて来たな〜という感じでしたが、一方でオリンパスは、と言うと、新型OM-D E-M1 Mark II で大幅なスペックのブラッシュアップを図ってきました。20MPで何と18コマ秒の連写の実現や、背面液晶のフリーチルト化などなど、α99の進化よりも凄いじゃぁないですか。ソニーからは噂されていたFEレンズの発表もなく、少しガッカリしてしまいました。
ところがところがです。 今回のフォトキナの新製品で、実は、最も気になったのが、GoProの新製品、HERO5 Black(47,000円)という製品でした。普段は写真撮影が主で、ビデオ撮影については、ほとんど普段は考えた事がありませんでしたが、HERO5 Blackカメラに加えて、Karmaドローンセット(90,000円)を買えば、ジンバルもドローンもモニター付きのコントローラも付いていて、すぐに空中撮影も可能になり、またドローンセットについているジンバル(これだけでも別で買えば36,000円する)を取り外して、通常映像を安定して撮影する事も可能になるという優れものなのです。もちろん全天候OKの防水仕様という事で、どこでも撮影が可能なのです。何だかビデオも始めたくなってきました。取り急ぎHERO5 Blackだけでも買って、クルマにドラレコ付ける感覚で、GoPro始めてみるのも悪くないのでは?という気持ちになりますね。ともかく、今年のフォトキナは、ソニー以外にも、夢のある新製品が多く、ワクワクする感じのショーだと思いました。
おつかれちゃんです。


















.

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。