屋久島 その1

        DSC0682920161103.jpg
SONY α7RM2 ILCE-7RM2 / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SEL1635Z
16mm f/4.5 1/125sec. ISO6400 屋久島 ウィルソン株




















東京から鹿児島、鹿児島から屋久島へと飛行機を約3時間乗り、念願の屋久島に行ってまいりました!屋久島の縄文杉コースの終盤に位置するウィルソン株での一コマです。 縄文杉コースの登山口にはマイカーは入れませんので、早朝4時起き、5時にホテルを出発して、屋久杉自然館に車を停めて、そこからバスに35分乗って登山口に向かいます。 早朝の5時というのに大勢の人がバスを待っていて、始発の5時20分発のバスには乗れませんでした。次の36分発のバスに乗り、荒川登山口に到着、午前6時半から登頂を開始しました。長いトロッコの線路伝いに歩きに歩いて、約5時間かけてウィルソン株に到着しました。ウィルソン株からさらに1時間半ほど歩くと縄文杉にたどり着くのですが、今回は、時間切れでここまでの予定です。このウィルソン株は切り株の中からの撮影でハートの形で写真が撮れるのが有名で、お昼前は大勢の人が撮影の順番を待っておられました。 なかなか撮影機会に恵まれませんでしたので、ウィルソン株を前にしながら、ホテルで頼んでおいたおにぎりを食べつつ、持参したミニカップヌードルも食べました。ちょうど、お昼を過ぎたところで、人影もまばらになりましたので、撮影を開始しました。今日の縄文杉コースでは、全長22kmという長距離でしたので、さすがにジッツォはホテルに置いてきました。想像通り、ウィルソン株の中に入るともうほぼ真っ暗で、少し目が慣れてくると祠が見えてきます。上を見上げ、お約束のハートに見える位置にスタンバイして、ISOを上げて手持ちで撮影を行いました。 先ほど屋久島から帰宅し、早速、膨大な撮影データを少しづつ現像して、紹介していきたいと思います。 それにしても屋久島は、本当に想像以上にすごい島でした。
おつかれちゃんです。


















.
Profile

sakayo

Author:sakayo
 
『写真は記録ではなく、表現である。』

フルサイズ・ミラーレス一眼 と
主に、ソニーFEレンズとライカレンズ
で撮影した写真を

「おつかれちゃん」

という言葉とともに日記形式で
ほぼ毎日更新しているブログです。

.

Category
Link
このブログをリンクに追加する

当ブログへのリンクの許可は不要です。
当ブログ内の写真の無断使用はお断りしています。